MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>ビックカメラとスポーツとの深いかかわり合い

ビックカメラとスポーツとの深いかかわり合い

いよいよBリーグの2シーズン目が開幕した。各クラブはより一層リーグを盛り上げようと、さらなる発展を目指している中、株式会社ビックカメラ(以下、「ビックカメラ」)が川崎ブレイブサンダースのサポートを行うことが決定した。開幕を前に、ビックカメラの宮嶋宏幸社長をお招きして、北卓也ヘッドコーチと若き司令塔、藤井祐眞選手との対談が実現。実は宮嶋社長はバスケットボールの経験者ということもあり、スポーツに対する愛情も人一番強いことが感じられる対談となった。
文=入江美紀雄
写真=山口剛生

ビックカメラとスポーツとの深いかかわり合い

北卓也HC「宮嶋社長はバスケットボールの経験者とおうかがいしました。」

宮嶋宏幸社長「高校生の時、バスケットボール部に所属していました。他の地域でもそういうところは多いと思うのですが、中学では運動系か文科系の部活に入らなければならなくて、テニス部に入ったのです。しかし、なじめずすぐに辞めてしまいました。スポーツに興味があったのに、部活をやり続けることができなかったのが残念で。「高校に入ったら3年間やりとおすのだ」という決意を持って、高校生になりバスケ部の門をたたいたのです。
私は茨城県の龍ケ崎一高の出身なのですが、今でも高校バスケ界の強豪と言われている土浦日大高校が当時からとても強くて。県内で同じ地区だったということもあり、必ず当たるのです。それもあり、なかなか県大会の上位に入ることができなかったですね。また、私の学年は2人しかいなかったので、3年になるともう一人がキャプテンで私が副キャプテンというチームでした。自分たちが卒業した後は県でベスト8や4に進むようになったとも聞いています。」

藤井祐眞選手「ポジションはどちらだったのですか?」

宮嶋社長「フォワードでした。ですから、パスを受けてシュートを狙うポジションですね。バスケットボールは大学生になってもサークルや地元のクラブで週1回ぐらい続けていました。今でも3か月に1度くらいのペースでプレーしています。若手の社員たちが体育館を取ってくれて、私もそれに参加しています。中には本気でディフェンスをしてくる社員もいれば、わざとシュートを打たせてくれる人もいますけど(笑)、社員と交流するとてもいい機会だと思っています。」

北HC「川崎の試合にも来ていただいたともうかがっています。」

宮嶋社長「家内と一緒に観戦させてもらいました。藤井選手の俊敏なプレーに、家内はすぐにファンになってしまったようです(笑)顔が小さくて、スタイルもいいですよね。」

藤井選手「ありがとうございます。プレーについて何かご感想はおありでございましたか。 」

宮嶋社長「コートサイドで見るスピード感と迫力は見ていて心地いいですね。それだけでなくエンタメ性溢れる演出が楽しく、家内はバスケットボールのファンになったようです。また、屋内で直射日光を浴びなくて済むのも女性にはありがたいようですね。暑すぎたり寒すぎたりすることもないので、その点でもバスケットボールは観戦に心地いいスポーツだと言えるのではないでしょうか。また、弊社はサッカークラブのスポンサードもしていますが、サッカーは時々テンポが遅くなることがありますが、バスケットボールはそういうことがないのが魅力とも言えます。それにサッカーはシュートで終わらない場面もありますが、バスケットボールではほぼシュートで終わりますよね?」

北HC「すべてシュートで終わればいいのですが、その前にミスをしてしまうことがあります。若干ミスが多いのがうちのチームの課題です。昨シーズンも1試合平均で約12のターンオーバーを犯してしまい、リーグでも下から数えたほうが早かったので、それを今シーズンは修正しないといけません。 」

宮嶋社長「やはりミスを減らすことが勝利に結びつくのですか?」

北HC「そうです。ミスが減れば、それだけ攻撃回数を増やすことができ、得点もアップします。ミスの数を1試合平均10個以下にするのが目標ですが、なかなかそれができなくて。練習が甘いのかな?(笑)」

宮嶋社長「ところで皆さんはいつごろバスケを始められたのですか?」

北HC「僕は全校生徒が200人くらいの小さな小学校の出身で、部活といえばミニバスしかないところで育ちました。バスケットボールは姉がしていたこともあり、僕も4年生の時に始めたのですが、そのころからとにかく楽しくて、一人で練習をしていたのを覚えています。」

ビックカメラとスポーツとの深いかかわり合い藤井選手「僕は兄の影響でサッカーをしていたのですが、近所に住んでいた仲良しの友達がバスケットボール部に入ったのをきっかけにバスケも初めて。でも両方の練習をしていると遊ぶ時間がなくなってしまうので、バスケを選んだのがきっかけです。それが小学4年生の時でした。中学、高校と点を取るのが好きで、練習が終わった後でもチームメイトと1対1で勝負したりしていました。」

宮嶋社長「高校の時、1試合で70点取ったことがあるのですよね? 」

藤井選手「はい。ウインターカップで79得点をあげました。その試合、チームの得点は160点ぐらいで、まだ破られていない大会記録です。宮嶋社長はいかがですか?」

宮嶋社長「やっぱり点を取ることは魅力ですね。特にネットを揺らす瞬間はたまらなく快感です。」

北HC「観戦する側の魅力は何だと思われますか?」

宮嶋社長「やはりチームとして各選手がどのように動いているかに目が行きます。パスワークだったり、スクリーンをどうかけているかなどを見ていますね。私は高校の時、リバウンドのことをよく注意されていたので、しっかりと取りに行っているのかも気にすることがあります。」

藤井選手「やはりそこは経験者の目線ですね。」

宮嶋社長「対戦相手の癖や特徴も研究されるのですか?」

ビックカメラとスポーツとの深いかかわり合い北HC「はい。それはお互い研究しますね。ですから、それに対してさらに上を行く準備をする必要があります。リーグは2年目を迎えますが、相手のマークも厳しくなるので、準備を怠ることはできません。」

宮嶋社長「天皇杯、チャンピオンシップで準優勝と、昨シーズンは惜しかったですね。」

北HC「残念でした。」

宮嶋社長「本当に優勝と準優勝では全然違いますよね。でも、今シーズンは、(どちらかに)狙いを定めているのですか?」

藤井選手「いや、2つタイトルを取ります! 」

北HC「私からも質問をさせてください。御社とスポーツのつながりはいつからなのですか?」

宮嶋社長「本社が池袋(東京都豊島区)で、近くに立教大学があります。3年前にそちらから「女子の競歩で日本代表に選ばれた岡田久美子という選手がいる」という話があったのがきっかけで、それならば陸上部を作ろうという話になり、私が部長となりました。翌年には早稲田大学を卒業した小林快(世界陸上2017銅メダル獲得)も入ってきました。また、2015年から上野由岐子擁する女子ソフトボールチームの選手たちも当社の社員として活躍しています。チームがあることによって、大会の応援やサポートなどで社員の一体感が生まれ盛り上がっています。朝礼時などにも話題が出るようになり、会社の結束力が高まったと感じています。」

北HC「選手の皆さんは売り場に立たれたりするのですか?」

宮嶋社長「シーズンオフには店頭に来て、サイン会を開催したりしています。お客様にも喜んでいただけるので、選手たちにとっても、とても貴重な機会だと思っています。また、社員とも接点ができ、選手たちとの距離が近くなって、もっともっと応援しようという機運が高まりました。」

藤井選手「ファンサービスをお店でできるわけですね。」

宮嶋社長「ファンサービスといえば、ソフトボールのチームは試合が終わったらなるべく早くグラウンドから出て、お客様にサインをしたり、写真撮影に応じるようにしています。お客様の嬉しそうな顔を見ていると、とてもいいなと感激します。それこそ藤井選手がビックに来てくれたら、大変なことになるので整列していただかないといけないですね(笑)」

北HC「ビックカメラのラゾーナ川崎店にうちの選手がお邪魔するのも面白そうですね。」

ビックカメラとスポーツとの深いかかわり合い宮嶋社長「例えば、フリースロー大会などのイベントを行うなど、ファンの皆さんとの交流の場に使っていただければ最高ですね。これも何かのご縁でしょうから、チームのプロモーションやファンの皆さんとのふれあいの場にしていただくのもいいと思います。もちろん、試合を見に行っていただくサポートもしたいと思っています。現在、とどろきアリーナで行われたホームゲームの半券をお持ちいただくと、ポイントがアップするサービスも行っています。そのようにしてお客様が多く会場に訪れるようになればと考えています。観客数は多いほうがいいですもんね?(笑)

藤井選手「はい! モチベーションが上がります。」

北HC「様々なサポート、大変ありがたく思います。ぜひ、今シーズンも会場にお越しください。」

宮嶋社長「ありがとうございます。先程も申しましたが、家内は藤井選手のファンですから、ぜひおうかがいします。今シーズンも活躍を期待しています。」

取材:バスケットボールキング編集部

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る