MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>2017-18 B1リーグ戦 第29節 第55戦 川崎 64-75 栃木

2017-18 B1リーグ戦 第29節 第55戦 川崎 64-75 栃木

2017-18 B1リーグ戦
第29節 第55戦
2018年4月21日(土)
川崎市とどろきアリーナ

川崎ブレイブサンダース 64-75 栃木ブレックス


川崎ブレイブサンダース 64-75 栃木ブレックス
川崎は14辻のフリースローで先制すると、22ファジーカスのミドルショット、7篠山の3Pシュートなどで10-2と先行。そのまま点数的にはリードを保ちながら試合を進めた川崎だったが、前半だけで栃木に11本のオフェンスリバウンドを奪われると、攻撃でも10ターンオーバーを犯すなど栃木ペースで試合を進められ、第2Q終盤に栃木10竹内・24渡邉に連続得点を許し、33-33の同点で後半へ。

第3Qの出だしは14辻のアシストから18鎌田のゴール下シュートが連続で決まり川崎がリード。しかしここからシュートミスやターンオーバーで栃木に早い展開を作られ逆転を許し、50-54で第4Qへ。追う川崎は栃木の激しいディフェンスに対しチームプレーが機能できない中で22ファジーカスが奮闘するも、栃木のチーム力が上回り、じわじわとリードを広げられていく。試合の流れを取り戻せないまま、64-75でタイムアップ。

オフェンスリバウンドが川崎9に対し栃木18、ターンオーバーは川崎18に対し栃木7、ファストブレイクからの得点は川崎0に対し栃木14と、得点差以上に一方的な栃木ペースの試合となった。 22ファジーカスはこの試合でB.LEAGUE最速となるリーグ戦通算3,000得点を達成したが、この記録を勝利で祝うことができなかった。

ゲームレポート・ボックススコア・プレーバイプレー

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る