MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>B.LEAGUE QUARTERFINALS 2017-18 GAME2 川崎 71-61 千葉

B.LEAGUE QUARTERFINALS 2017-18 GAME2 川崎 71-61 千葉

B.LEAGUE QUARTERFINALS 2017-18
GAME2
2018年5月13日(日)
船橋アリーナ

川崎ブレイブサンダース 71-61 千葉ジェッツ


川崎ブレイブサンダース 71-61 千葉ジェッツ

GAME1を落とし、後がない川崎は0藤井をスタメンに起用。前半は互いの意地と意地がぶつかり合うようなせめぎ合いの展開に。激しいディフェンスの影響か、3Pシュート成功率はともに20%を切る中で、川崎は22ファジーカスが前半だけで17得点9リバウンド、千葉は3パーカーが10得点3リバウンドと、お互いに帰化選手がインサイド〜ミドルエリアで活躍。リバウンドとフリースローの差で川崎は38-32とリードして前半を折り返す。

第3Qに入っても変わらずインサイド主体で得点を重ねる両チーム。川崎は次第にディフェンスが機能しはじめ、このクォーター4スティールをあげると、ファストブレイクから得点しリードを広げていく。さらに、終了間際に0藤井がバックコートから放った超ロングショットが成功。54-45とリードして最終クォーターへ。

11西村の3Pシュートなどで攻勢に出る千葉に対し、川崎は9栗原が要所で2本の3Pシュートを決め、点差を縮めさせない。そのまま堅い守りでリードを守りきり、71-61で勝利。

これで1勝1敗となり、セミファイナル進出をかけたGAME3に突入。

ゲームレポート・ボックススコア・プレーバイプレー

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る