MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>B.LEAGUE QUARTERFINALS 2017-18 GAME3 川崎 15-22 千葉

B.LEAGUE QUARTERFINALS 2017-18 GAME3 川崎 15-22 千葉

B.LEAGUE QUARTERFINALS 2017-18
GAME3
2018年5月13日(日)
船橋アリーナ

川崎ブレイブサンダース 15-22 千葉ジェッツ


川崎ブレイブサンダース 15-22 千葉ジェッツ

5分ハーフの前・後半で勝負が決するGAME3。 千葉が決めればすぐさま川崎が決め返し、前半残り2分で6-6の同点。ここで千葉は27石井がシュートを決め、6-8と再び1ゴール差に。決め返したい川崎だったがシュートミス、ターンオーバーが続くと、残り1分をきって千葉8ライオンズ・2富樫と立て続けに3Pシュートを決められ、6-14で後半へ。

8点差を追う川崎は開始20秒、0藤井がフリースロー3ショットを全て決めると、直後のスローインをスティールし、22ファジーカスがフィニッシュ。一気に11-14と1ポゼッション差まで迫る。ここから互いに2分近くノーゴールが続くが、残り2:38に千葉21エドワーズがレイアップシュートを決め、スコアは11-16。川崎は0藤井がレイアップを決め返すと、22ファジーカスのフリースローで残り1:39に15-16と迫る。だが、ここから逆転のシュートを決められず、千葉2富樫のシュートで残り25秒15-18とされると、ファウルゲームのフリースローで15-22とされてタイムアップ。

アウェー船橋アリーナを白く染め、最後まで力強い声援を送り続けてくれたファンの声援の後押しを受けながら、最後の瞬間まで戦い抜くも、セミファイナルの切符を掴むことはできなかった。
ゲームレポート・ボックススコア・プレーバイプレー

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る