MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>2017-18 B1リーグ戦 第1節 第2戦 川崎 87-85 名古屋D

2017-18 B1リーグ戦 第1節 第2戦 川崎 87-85 名古屋D

 

2017-18 B1リーグ戦
第1節 第2戦
2017年9月30日(土)

川崎ブレイブサンダース 87-85 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

川崎は22ファジーカスを中心に得点をあげると、33長谷川の2本の3Pシュートなどで先行する。第2Qに入ると名古屋Dが対照的に外国人オンザコート数の差をつき、24バーレル・33ティルマンの得点で逆転。終了間際に7篠山が3Pシュートを沈め、4点差で試合を折り返すが、第3クォーターに入るとすぐさま追いつかれ、その後は互いに得点を重ねながら僅差で試合が進む。第4Q 残り1分で川崎が4点リードするものの、ミスから名古屋Dにチャンスを献上し、73-73の同点で今シーズン初の延長戦へ突入。延長戦では22ファジーカス・7篠山が得点しリードすると、00デービスがゴール下で体を張りボールを死守。粘る名古屋Dを振り切り、2点差で勝利した。

川崎は昨日の敗戦の借りを返すとともに、今シーズン初勝利。22ファジーカスは27得点15リバウンド、7篠山は21得点6アシスト、00デービスは14得点9リバウンドを記録した。14辻直人は3Pシュートが1/6と依然本調子とは言えない中、第4クォーターの要所で4得点をあげ勝利に貢献した。

ゲームレポート

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る