MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>2017-18 B1リーグ戦 第9節 第17戦 川崎 88-85 富山

2017-18 B1リーグ戦 第9節 第17戦 川崎 88-85 富山

2017-18 B1リーグ戦
第9節 第17戦
2017年11月19日(日)
富山市総合体育館

川崎ブレイブサンダース 88-85 富山グラウジーズ

川崎は33長谷川の3Pシュートで先制すると、22ファジーカスと00デービスのインサイド、さらに14辻の3Pシュートで開始2分に10-2と先行する。その後も積極的なプレスディフェンスが機能して富山の攻撃を封じると、ターンオーバーからの速攻などで得点を重ね、2Q残り3分には44-28とリードを広げることに成功。しかしここからターンオーバーで流れを富山に渡すと、連続でシュートを許し47-36で後半へ。
後半に入っても1Qのような攻撃を展開できず、さらに33長谷川、15谷口が負傷により交代するなどアクシデントも続き、点差を5点にまで詰められて第4Qへ。 第4Qでは、さらに22ファジーカスの出血や6小澤のファウルアウトでベンチメンバーの状況も危機的となり、残り2分30秒に82-80と1ゴール差まで詰められてしまう。ここで川崎はチームディフェンスで富山にタフショットを打たせると、時間を使いながら00デービス、7篠山竜青らが得点。残り1秒、富山34ウィラードが3Pシュートを放つが外れ、88-85でタイムアップ。
度重なるアクシデントにも見舞われる中、最大18点のリードを追いつかれる展開となったが、最後までリードを渡すことなく勝利をあげることができた。


ゲームレポート


スポナビライブ加入はこちら

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る