第97回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会

EMPEROR'S CUP 2022
4th ROUND

  • 川崎ブレイブサンダース

    川崎ブレイブサンダース

  • VS
  • 富山グラウジーズ

    富山グラウジーズ

会場川崎市とどろきアリーナ

  • 12.1wed

    19:00 TIPOFF

    チケット購入はこちらチケット購入はこちら

GAME
PREVIEW

難敵を打ち破り
連覇への覇道を進め

川崎にとってはこれが天皇杯2022の緒戦となる4次ラウンド。相手は"難敵"富山グラウジーズ。

11月6日(土),7日(日)のB1リーグ戦での対戦では、川崎が2連勝。ここ数年、富山を相手にシリーズで連勝ができておらず、10月のリーグ戦でも1勝1敗の状況が続いていただけに、これまで超えられなかった壁を超えたような価値のある勝利となった。しかし、富山はその対戦の前週末に天皇杯3次ラウンドで3日連続の試合を経てこの試合への出場権を獲得し、中4日でアウェーの川崎に乗り込んでの試合であったこと、逆に川崎は1週間のバイウィークを挟んで万全の状態でのホームゲームであったことは、両者のコンディションに差があったことは言うまでもない。今回は互いに半月のBリーグ中断期間を経ての試合となるが、川崎は日本代表の候補に選出されたキャプテン藤井を欠いてこの期間を過ごし、この試合を迎えることとなる。11月の対戦以上のエナジーで挑まなければ、勝利は見えてこないだろう。

川崎にとっては未だ果たしたことのない天皇杯2連覇へ、初戦から大きな壁への挑戦となるが、その壁を乗り越えて優勝に向かって"MOVE"するための弾みをつけたい。

Featured
player

Julian Mavunga

今シーズンのリーグ戦では1試合あたり平均33分超のプレータイムでチームを支える大黒柱。ディープ3Pシュートからゴールへ切り込んでのレイアップまで、様々な得点パターンを持つ。また、マブンガにディフェンスの意識が寄りすぎてしまうと、味方にパスを捌かれて得点パターンを広げられることに。マブンガの勢いを乗せてしまうことは、すなわち富山の勢いを乗せてしまうことにつながるため、彼を1対1のディフェンスでどれだけ苦しめることができるかが、試合の鍵となるだろう

富山グラウジーズ 選手一覧富山グラウジーズ 選手一覧

PLAYERS

Yuma Fujii
#0 PG/SG

1991年12月23日
178cm / 75kg
拓殖大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【そこ行く?】
そこ、行く? えっ、そこも行くの!? ルーズボールの争奪で、1対1のディフェンスで、敵が立ちはだかるオフェンスで、勇敢に飛び込んでいく背番号0のユニフォームを何度も目にする。そのアグレッシブなプレーはチームに力を与え、アリーナのムードを一変させる。佐藤賢次ヘッドコーチに、クラブアイデンティティ"BE BRAVE"を体現する男と言われる藤井はかつて、なぜそんなに勇敢なのか?という趣旨の質問に、「それが僕の仕事ですから」と答えている。正直、惚れてまうやろ。である。そんな彼を見ていると、ゆうまの"ゆう"は勇気の"勇"だと勘違いしそうになるが、彼の名は、藤井"祐"眞。その由来は、……「祐」は優しい人になって欲しいと願って、だそうだ。

Ryusei Shinoyama
#7 PG

1988年7月20日
178cm / 75kg
日本大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【神の左手】
川崎には、神がいる。背番号7番、篠山竜青のことだ。勝敗を決める劇的なショット、あり得ない距離からの逆転の3Pシュート、崩れた体勢からのブザービーター、ここ一番!という大事な場面でこそ決めてくる持ってる男。幾度となくチームに歓喜をもたらしてきた彼の左手は、2019年、日本代表のキャプテンとして臨んだW杯予選カタール戦での奇跡のシュートでついに“神の左手”と呼ばれるようになった。幼少期、スポーツをするなら左利きが有利だという信念で篠山を左利きにしたという彼の母親は、まさに創造主。今日の試合、勝利を願うなら神に祈ればいい、篠山竜青という川崎の神に。ファンの祈りが強いほど、神は必ずその願いに応えてみせる。

Keisuke Masuda
#11 SF

1998年1月22日
194cm / 90kg
筑波大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【天井知らずの天才肌】
一言で言うと、天才肌。ルーキーイヤーだった昨シーズンの増田啓介を見た感想だ。
難しいことをいとも簡単にこなしてしまい、入らなそうなシュートも彼だと入ってしまう。
しかもこの天才肌は日々成長しているから恐ろしい。今は身長194センチだがシーズンを終える頃には208センチのヒースと肩を並べている可能性も否定できない天井知らずの伸びしろだ。「大学に行っても試合に出られるなんて思ってなかった」「プロになろうなんて思ってなかった」、そう言っていた青年はどんどん成長し、遂に2023年W杯の強化指定選手になった。「川崎って増田のいるチームだよね?」、彼の成長曲線からするとそう言われる日も意外とすぐかもしれない。

Satoru Maeta
#13 SG

1997年3月6日
192cm / 88kg
青山学院大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【優勝への道標】
彼のシュートが描く放物線は、「悲願のリーグ優勝への道標」。サトルマエタの愛称で呼ばれる前田悟の実力を知る川崎ファンは、そういった心境だろう。だって一昨年のBリーグ新人王が移籍してきたのだ。近くからも遠くからでも、リーグ屈指の高確率で決まるマエタのシュートはこれまで川崎に足りなかった「あと2点、いや1点」を補填して余りある大きな一本になるはずだ。その一本が、川崎を必ず王座へと導いてくれるだろう。シーズンを終える頃、サトルマエタは威風堂々チームの顔へと成長していることだろう。

Yuya Kamata
#18 PF

1990年5月11日
197cm / 115kg
大東文化大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【壁になる】
頼れる男が川崎に帰って来た。我らがビッグマン鎌田裕也!初めて彼を知る人は、妙に肩幅が広い選手と覚えたらよいだろう。彼のセールスポイントは197センチ115キロの冷蔵庫のような体と業務用冷蔵庫のような肩幅だ。そしてその体格を存分に活かし、ディフェンスでは外国籍選手とマッチアップして体をぶつけ、オフェンスでは壁になって相手の動きを止め味方のシュートを演出する。8シーズン前の日本一を経験している彼は言う、「もう一度このチームで優勝を目指したいと思ったのが川崎に戻った一番の理由」だと。地味で泥臭い鎌田のプレーはチームを縁の下から支え、必ず優勝に導いてくれるだろう。背番号18の肩幅にかかる期待はデカい。

Yusuke Tsunai
#20 PG/SG

1996年4月4日
185cm / 82kg
明治大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【現在進行形のサクセスストーリー】
川崎には、篠山竜青、藤井祐眞というリーグを代表するポイントガードが二人もいる。そこに今季、更なる競争をもたらす期待の若手ポイントガード、綱井勇介がやって来た。小2でバスケを始め、フォワードとして中学でプロを目指すようになったという彼だが、大学では周りのレベルの高さに戸惑いプロを諦めかけたこともあったという。しかし自らガードに転向し開眼。目標だったプロ選手としてB2へ、そしてB1という次のステージへと上がってきた。佐藤HCが「一緒に成長していきたい」と語るように、我々は今、綱井勇介の現在進行形のサクセスストーリーを見ている。篠山、藤井を超える瞬間を見逃すな。

Nick Fazekas
#22 C

1985年6月17日
207cm / 114kg
ネバダ大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【キングファジーカス】
誰もが認める川崎のキング、ニック・ファジーカス。来日10年目、Bリーグ初代MVPで、2018年に帰化し日本代表として活躍した元NBAプレイヤー。アメリカの大学時代にいくつもの得点記録を作った生粋の点取り屋であるニックは、大ベテランとなった昨シーズンもリーグ3位の1試合平均20.7得点をあげ、3Pシュート成功率もリーグ4位と、大黒柱と呼ぶにふさわしい結果を残している。「バスケに年齢は関係ないことを証明する」と意気込む36歳で迎える今シーズンは、チームを引っ張りBリーグ優勝のタイトルを獲ることでそれを証明してくれるだろう。バスケをするために生まれて来た男は今季も、王の座に君臨し続ける。

Matt Janning
#23 SG

1988年6月22日
196cm / 99kg

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【優勝コレクター、上陸 】
優勝コレクターが川崎に上陸した。その男の名は、マット・ジャニング。イタリアのセリエA、トルコのスュペルリギといった世界のトップリーグで優勝を経験し、一昨シーズンはスペイン1部リーグのリーガACBでスタメンとして優勝に貢献した、勝ち方を知る真の実力者である。そんな優勝コレクターのマットが川崎を選んだ最大の理由は、「クラブがタイトル獲得に強い想いをもっているから」で、「その想いが自分も同じだから」だという。要するに、川崎でも優勝する気マンマン!Bリーグ優勝を自身のコレクションに加えるべくヨーロッパからやって来たのだ。優勝したいなら、マットにおまかせ!マット・ジャニングは悲願のリーグ優勝へのラストピースだ。

Naoya Kumagae
#27 SF

1990年11月16日
195cm / 95kg
日本体育大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【万能の才】
現在の川崎に熊谷尚也ほど器用な選手はいない。シュートも出来る、ドライブもダンクも出来る、チームが苦しい時にアタック出来る強いメンタルも持っているし、高い身長と長い手足を生かしたディフェンスで相手のエースや外国籍選手とマッチアップも出来るし、体も張れる。出来ないことと言ったら苦手なナスを食べられないことぐらい、とにかく何でも出来るユーティリティプレイヤーなのだ。そのため首脳陣の信頼も厚く、Bリーグが始まってからの5年で二度の移籍を経験しているのも各チームからの高い評価ゆえだ。「何度でも優勝がしたい」と語る彼は、その為ならどんな仕事もこなすだろう。熊谷尚也が躍動する時、栄冠は川崎にもたらされる。

Takumi Hasegawa
#33 SF

1989年7月21日
190cm / 92kg
拓殖大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【敵にしたくない男】
エースキラー、長谷川技。リーグ屈指のディフェンス力で相手エースを徹底的にマークする川崎の守備の要だ。ボールを持たせないように体を当て続ける、邪魔をする、ボールを持ったらシュートコースをふさぐ、頭脳的なファールでプレーを止める、決して相手を波に乗せない。それをひたすらしぶとく繰り返す。相手選手は長谷川の顔も見たくないはずだ。外国籍選手に当たり負けしないようにと筋トレをやりまくり、屈強な相手を機能不全に陥らせるなんとも恐ろしいディフェンス人間の彼を、佐藤賢次ヘッドコーチが“ベストディフェンダー”と称するのは当然のことかもしれない。あー、彼が味方でよかった。エースキラー、長谷川技。リーグ屈指のディフェンス力で相手エースを徹底的にマークする川崎の守備の要だ。ボールを持たせないように体を当て続ける、邪魔をする、ボールを持ったらシュートコースをふさぐ、頭脳的なファールでプレーを止める、決して相手を波に乗せない。それをひたすらしぶとく繰り返す。相手選手は長谷川の顔も見たくないはずだ。外国籍選手に当たり負けしないようにと筋トレをやりまくり、屈強な相手を機能不全に陥らせるなんとも恐ろしいディフェンス人間の彼を、佐藤賢次ヘッドコーチが“ベストディフェンダー”と称するのは当然のことかもしれない。あー、彼が味方でよかった。

      

Pablo Aguilar
#34 PF

1989年2月9日
203cm / 99kg
アリカンテ大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【怪盗パブロ】
長い手を伸ばして相手のパスをスティール、そこから強烈なダンクを決める。これがパブロのプレーの代名詞だ。そのため、「そのボール、頂戴します」と、怪盗ルパンのように挑戦状を送りつけるまでもなく、”2代目怪盗”パブロがスティールを狙っていることはどのチームも百も承知なのだが、それでも彼は敵の動きを的確に読み、試合前に必ず食べるというパスタよりも長く太いその手でパスをカットし、盗んだお宝をネットに叩きこむ。すると、ポキッ!ポキッ!という音がコート上に幾つも鳴り響くほど敵の心は折られ、戦況は180度変わる。怪盗パブロは今日もアリーナに現れ、必ず盗んでいくだろう。相手ボールとそして、観客席にいるあなたの心を。

Jordan Heath
#35 PF/C

1991年8月20日
208cm / 109kg
カニシャス大学

▶︎選手の詳細プロフィールはこちら

【すべての試合が人生そのもの】
“ハイライトメーカー”とジョーダン・ヒースのことを誰かがそう呼んだ。ダンク!アリウープ!ブロック!速攻!3Pシュート!と、華があるプレー、ダイナミックなプレーを随所で披露し、その試合のハイライトシーンを毎試合のように演出するからだ。チームで一番高い208センチの長身も相まって、コート上の存在感が半端ない彼のプレーは観客を魅了する。ニューヨークからヨーロッパに渡り来日3年目の今シーズン、ゴール下を支配する力がついてきたと言われる彼の存在感は更に増すことだろう。「全ての試合が自分の人生のようなものだ」と語るヒース。念願のリーグ制覇を達成すれば、彼の人生のハイライトはきっと今シーズンになるだろう。

Kenji Sato
ヘッドコーチ

1979年12月14日
青山学院大学

▶︎HCの詳細プロフィールはこちら

【熱く緻密な戦略家】
就任3年目。佐藤賢次は、選手時代から数えてこのチームで20年目のシーズンを迎える川崎一筋の男だ。彼を一言で言うと、バスケ馬鹿。四六時中バスケのことを考え、選手やコーチと延々バスケの話をしている姿が常に見られる。そして何よりバスケの話をする時の彼は子供の様に楽しそうなのだ。また熱く緻密な戦略家としても知られ、ファン感謝祭で戦術解説をした際も初心者にもわかりやすく事細かに行っていたが、その熱さと緻密さが逆に災いし時間が全く足りなくなってしまったほどだ。「Bリーグ優勝を成し遂げその先にある未来を皆様と一緒に見たい」、開幕前に彼はそう語った。佐藤が描く緻密な未来予想図を見る日は、もう間もなくだ。

藤井 祐眞

篠山 竜青

増田 啓介

前田 悟

鎌田 裕也

綱井 勇介

ニック・ファジーカス

マット・ジャニング

熊谷 尚也

長谷川 技

パブロ・アギラール

ジョーダン・ヒース

佐藤 賢次HC

川崎ブレイブサンダース 選手一覧

EVENT
INFORMATION

ピックアップイベント

『鬼滅の刃』デジタルスタンプラリー

『鬼滅の刃』と NPB・Jリーグ・B.LEAGUE の国内3プロリーグが横断するコラボ企画「SPORTS2021×鬼滅の刃」の企画である、デジタルスタンプラリーに参加いただけます。
10/2(土)~12/25(土)のホームゲーム開催日に実施しています。

時間:サンダーススクエアオープン~試合終了まで
場所:総合案内所

▶︎詳細はこちら

定番イベント

TouchHoopsチャレンジ

フリースローイベント「TouchHoops」が行われます。
お申込み不要でどなたでも参加可能。
参加賞としてームサプライヤーであるニチバン様より「ケアリーヴ試供品」を先着でお配りします。

場所:サンダーススクエア

DJタイム

アリーナDJ セク山によるDJタイムで皆さまをお出迎え。
最新曲から懐かしの曲まで幅広い選曲で会場の雰囲気を温めます♪

時間:試合開始1時間前ごろ~
場所:アリーナ内

初来場記念ステッカー

川崎ブレイブサンダースのホームゲームに初めてご来場いただいた方を対象に、「初来場記念ステッカー」をプレゼント!当日の観戦チケットをご持参のうえ、場外の総合案内所の特設窓口で初来場の旨をお申し出ください。

時間:サンダーススクエアオープン~試合終了まで
場所:総合案内所

イヤーマフ無料貸出

ご来場される皆さまに、より快適にご観戦いただくためにイヤーマフ(防音保護具)の無料貸出を致します。
大きな音が苦手なお子様や聴覚過敏な方をはじめ、どなたでもご利用いただけます。

時間:サンダーススクエアオープン~試合終了まで
場所:総合案内所

SDGsプロジェクト『&ONE』

今シーズンは、『&ONE days』で皆さまから好評いただいた取り組みをはじめ、試合日はもちろん、試合日以外でもSDGsにチャレンジできる取り組みを用意し、クラブミッションである「MAKE THE FUTURE OF BASKETBALL~川崎からバスケの未来を~」の実現に向け、皆さまと一緒に楽しくSDGsに取り組んでまいります。

&ONE WALKING

LINEを活用したウォーキングスタンプラリー!
駅からとどろきアリーナまでを歩いて、試合観戦のついでに運動不足解消や健康的な身体づくりをしてみては!?
達成者には選手グッズなどが当たる達成特典も!

ゴール受付時間:サンダーススクエアオープン~試合終了まで
※各チェックポイントのQRコードは実施日の朝10時頃から貼り出されます。
受付場所:サンダーススクエア 総合案内所

▶︎詳細はこちら

フードドライブ

賞味期限の迫った食品を回収し、フードバンクかわさきに寄付する「フードドライブ」
今シーズンはレギュラーシーズンのホームゲーム全試合で回収を実施します!

回収する食品の基準
・賞味期限まで1か月以上残っている
・賞味期限が記載されている
・未開封
・常温保存

時間:一般開場開始~試合終了まで
受付場所:サンダーススクエア 総合案内所

▶︎詳細はこちら

TIME
SCHEDULE

12.1wed

19:00 TIPOFF

  • 13:00

    1F・2F入場口待機列開始

  • 15:30

    ファンクラブブース、チケット売場、総合案内所 待機列開始

  • 16:00

    グッズショップアーリーオープン

  • 16:30

    サンダーススクエア(ファンクラブブース、チケット売場、総合案内所) オープン

  • 17:00

    グッズショップ アーリーオープン終了

  • 17:15

    第一次優先開場、アリーナ内ブースオープン

  • 17:20

    第二次優先開場

  • 17:30

    一般開場

  • 18:30

    オープニング/選手入場 ※会場内が暗転します

  • 19:00

    試合前演出 ※会場内が暗転します

  • 19:00

    試合開始

  • 19:50

    ハーフタイム

  • 20:50

    試合終了

ARENA
FOOD

定番人気フード

GOODS

定番人気グッズ

GOODSインスタグラムアカウントはこちら

ACCESS

Google Mapsで見る

武蔵小杉駅からのアクセス

●【川崎市バス】1番のりば
「小杉駅前」より乗車「とどろきアリーナ前」で下車 乗車時間約7分 下車後、徒歩約1分

●【東急バス】2番のりば
「小杉駅前」より乗車「市営等々力グランド入口」で下車 乗車時間約5分 下車後、徒歩約5分

●武蔵小杉駅から徒歩約25分

【試験運用】無料シャトルバス
ご利用方法についてはこちらをご覧ください
■運行スケジュール
・12月1日(水) 1便 17:00発、2便 17:45発、3便 18:30発
■抽選申込みキーワード
「バス富山戦」

武蔵中原駅からのアクセス

●【川崎市バス】のりばC
「中原駅前」より乗車「とどろきアリーナ前」で下車 乗車時間約8分 下車後、徒歩1分

●武蔵中原駅から徒歩約19分

溝の口駅/武蔵溝ノ口駅からのアクセス

●【川崎市バス】3番のりば
「溝口駅前(北口)」より乗車「とどろきアリーナ前」下車 乗車時間約16分 下車後、徒歩約1分

●【東急バス】5番のりば
「溝の口駅」より乗車「市営等々力グランド入口」下車 乗車時間約20分 下車後、徒歩約5分

新丸子駅からのアクセス

●新丸子駅から徒歩約24分

川崎駅からのアクセス

●【東急バス】82番のりば
「川崎駅ラゾーナ広場」より乗車「市営等々力グランド入口」下車 乗車時間約38分 下車後、徒歩約5分

●【東急バス】82番のりば
「川崎駅ラゾーナ広場」より乗車「とどろきアリーナ前」下車 乗車時間約40分 下車後、徒歩約1分

自転車でのご来場

●会場スタッフの誘導に従いご利用ください。
●会場内では事故防止のため自転車・バイクはご降車のうえご通行ください。
●駐輪される際は必ず施錠をお願いします。駐輪場内における事故・破損・盗難等につきましては等クラブでは一切責任を負いませんので予めご了承ください。
●周辺道路では交通ルールやマナーを遵守頂きますようにお願い致します。
●駐輪場は駐輪可能台数に限りがございます。多くの方がご利用できるように整理してお留めください。
●スタジアム近隣での違法駐輪・周辺施設への無断駐輪は地域の方々の大変な迷惑となりますので絶対にお止めください。
●緊急車両通行の妨げになりますので指定場所以外への駐輪はおやめ下さい。

お車でのご来場

とどろきアリーナ敷地内には一般の皆様に開放可能な駐車場がございません。
アリーナ近隣での違法駐車、周辺の飲食店・商業施設への迷惑駐車は地域の方々の大変な迷惑となりますので絶対にお止めください。
数に限りがございますが、お車をご利用の場合は周辺のコインパーキングのご利用をお願いします。

なお、駐車場のご利用は事前予約制のakippaサービスが便利です。
とどろきアリーナ周辺のakippa駐車場は“「akippa」を利用する”ボタンより検索ください。
また駐車場貸出に興味がある方は“駐車場の貸し出し登録”ボタンよりご確認ください。
※ ご利用には、会員登録が必要です。利用規約をご確認の上、ご利用ください。

  • akippaを利用する
  • 駐車場の貸し出し登録
  • ・武蔵小杉駅のバス停は近隣住民の方もご利用されますので大変混雑が予想されます。乗車マナーを守ってご利用ください。特に試合開始1時間前から大変混雑いたしますので、お早目のご来場をお勧めいたします。
  • ・往路のバス増便はございません。大変混雑致しますので各最寄り駅からの徒歩でのご来場もご協力お願い致します。
  • ・徒歩でのご来場の際は地図に記載のルートをご通行頂きますようにご協力お願いします。
    ・近隣には住宅街も多くお住まいの方から交通マナー(歩道を広がって歩く・横断歩道を渡らないなど)、ゴミのポイ捨て、騒音などに関するご意見を多く頂いております。
    *各駅からの所要時間はあくまで目安です。周辺道路の渋滞や、その他の事情により時間のずれが生じる場合もございますのであらかじめご了承ください

TICKET

ダイナミックプライシング(価格変動制)について

川崎ブレイブサンダースでは、価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売を実施しております。購入いただくタイミングにより価格が変動いたします。

最新の販売価格は、B.LEAGUEチケット 購入ページよりご確認ください。


詳細はこちら ▶︎

EMPEROR'S CUP 2022
4th ROUND

  • 川崎ブレイブサンダース

    川崎ブレイブサンダース

  • VS
  • 富山グラウジーズ

    富山グラウジーズ

会場川崎市とどろきアリーナ

  • 12.1sat

    19:00 TIPOFF

    チケット購入はこちらチケット購入はこちら

FANCLUB
INFORMATION

ポイントラリー

ホームゲームでは、来場ポイントとグッズ購入ポイントを貯めることができます。貯めたポイントは、選手とのふれあいイベントやサイン入りグッズと交換できます。
※複数名でご来場の場合は、代表者様1名が一緒にご来場されている会員様分もまとめて、ポイントチャージ・特典交換を行うことができます。その場合は人数分の会員証とチケットをご提示ください。

時間 : ブースオープン~試合終了
場所 : サンダーススクエア内 ファンクラブブース

▶︎詳しくはこちら

トレーディングカード

来場ポイントをチャージした方には、ファンクラブ限定のトレーディングカード(ノーマル)を1枚プレゼントいたします。
配布カード:ランダム(指定不可)

時間 : ブースオープン~試合終了
場所 : サンダーススクエア内 ファンクラブブース

▶︎詳しくはこちら

試合後オンラインサイン会

ポイント交換特典「試合後オンラインサイン会」
今節の参加選手は下記選手です。ぜひお申込みくださいませ。

#18 鎌田 裕也選手、#20 綱井 勇介選手

▶︎詳しくはこちら

入会受付

会場にてファンクラブへのご入会をお受けしております。今ご入会いただくと、通常の入会特典に加えて、ホームゲーム会場で使用できる「アリーナクーポン」が特典に含まれます。ぜひファンクラブにご入会いただき、川崎ブレイブサンダースの試合観戦をお得にお楽しみください。なお、会場入会の場合は、会場入会手数料として別途500円(税込)かかります。ご了承ください。

時間 : ブースオープン~試合終了
場所 : サンダーススクエア内 ファンクラブブース

▶︎詳しくはこちら

PERFORMER

川崎ブレイブサンダース
チアリーダーズ

IRISアイリス

  • twitter
  • instagram
川崎ブレイブサンダースを勝利へ導く“虹”の女神たち。
オープニングやタイムアウト時などに登場し、会場を盛り上げます。

NANAMI

CAPTAIN

好きな色

【BROWN】
木や土、大地の自然や、温もり、居心地の良さを表しているBROWNのように、自分も温かみのある人になりたいから。

アピールポイント

人の心に届くMC

メッセージ

IRIS3年目のNANAMIです!
今シーズンも応援する準備はできていますか?
皆さんと1つでも多く勝利の瞬間を過ごせるように、私たちIRISも進化をし、アリーナを更に熱く盛り上げていきます!2021-22シーズンも、最後までよろしくお願いします!

NAGISA

vice captain

好きな色

【INDIGO】
大人なイメージで落ち着く色だから。

アピールポイント

長身を生かしたダイナミックなパフォーマンス

メッセージ

IRIS3年目のNAGISAです!
また皆さんと一緒に川崎ブレイブサンダースを応援させていただくことになり、本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです!
今シーズンこそ3冠できるように熱いクラップ応援をよろしくお願いします!

CHIKA

好きな色

【GREEN】
リラックスできる色だから。

アピールポイント

新体操で培った柔軟性とアクロバット

メッセージ

ルーキーのCHIKAです!
初めてチアリーダーとして活動させていただきますが、皆さんに笑顔や元気を与えられる存在になれるよう精一杯頑張ります! 1シーズンよろしくお願いします!

KANA

好きな色

【GREEN】
自然がとても好きなので、緑を見ると自分の中で気分が上がる色だから。

アピールポイント

大きな目で引き込む目力

メッセージ

はじめまして!ルーキーのKANAです。
川崎市出身なので、皆さんと一緒に川崎ブレイブサンダースを応援できることが心から嬉しく、楽しみです!
皆さんと最高の瞬間を分かち合えるように熱く!強く!元気いっぱいにパワーを届け、チームを勝利に導けるよう頑張ります。よろしくお願いします!

MAANA

好きな色

【PURPLE】
私物もPURPLEの物が多く、身に着けていると自分も明るく元気な気持ちになるから。

アピールポイント

周りを明るくする笑顔

メッセージ

IRIS2年目のMAANAです!
今シーズンもサンダースファミリーの皆さんと一緒に応援できることがとても嬉しいです。
クラップや熱い視線で選手を応援し、嬉しい時も苦しい時もファミリー一丸となり、一緒に闘いましょう!よろしくお願いします。

MANA

好きな色

【YELLOW】
自然と元気の出る色だから。

アピールポイント

曲調や踊りによって雰囲気を変える表現力

メッセージ

1シーズンぶりにIRISに戻ってきたMANAです!
またIRISとして皆さんと川崎ブレイブサンダースを応援できること、とても嬉しく思います。
健康第一に、目標の3冠に向けて共に駆け抜けていきましょう!

NANA

好きな色

【GOLD】
勝つぞ!という強い気持ちになるから。

アピールポイント

熱いハート

メッセージ

ルーキーのNANAです!
今シーズン、皆さんと川崎ブレイブサンダースを応援できることをとても嬉しく思います!迫力満点のアリーナに立つことがとっても楽しみです。
勝利へ向かって一緒に闘いましょう!GO THUNDERS!

NAO

好きな色

【WHITE】
どんな色とでも調和できるから。

アピールポイント

サンダース愛

メッセージ

IRIS4年目のNAOです!
今シーズンも皆さんと応援できることがとても幸せです。
チームを優勝へ導けるようIRISも更に進化しています。アリーナでもリモートでも私たちと一緒に熱い応援をよろしくお願いします!

NATSU

好きな色

【BORDEAUX】
深みのある赤がシックでかっこいいから。チームカラーのブレイブレッドにも似ていて、小物などつい集めたくなります!

アピールポイント

バレエで培ったしなやかなダンス

メッセージ

IRIS 3年目のNATSUです!
大好きな川崎ブレイブサンダースを今シーズンも皆さんと共に応援できとても嬉しいです!
目標の3冠、絶対に達成しましょう!たくさんの笑顔に会えますように!
GO THUNDERS!!

RYO

好きな色

【VIVID PINK】
どんな色の中でも明るくて目立つ素敵な色だから。

アピールポイント

小さい身体を大きく使ったダンス

メッセージ

はじめまして!ルーキーのRYOです。
今シーズン川崎ブレイブサンダースを皆さんと応援できることがとても嬉しいです!
IRIS最年少のまだまだ未熟者ですが、パワー全開のパフォーマンスで皆さんに笑顔を届けられるよう頑張ります!
私たちと会場を盛り上げて、川崎ブレイブサンダースを勝利に導きましょう!

YUI

好きな色

【ORANGE】
太陽のようにメラメラと燃えているイメージで元気がでるから。

アピールポイント

柔軟性を活かしたしなやかなジャンプ

メッセージ

IRIS2年目のYUIです!
今シーズンも皆さんと応援できることがとても嬉しいです。
どんな時でも笑顔で乗り越えられる強い絆のチーム!
私も元気パワー全開で会場を盛り上げていきます。IRISのパフォーマンスもお楽しみください!

YU-KI

好きな色

【YELLOW】
昔から好きで、なぜかいつも目に留まるから。

アピールポイント

高いジャンプ力

メッセージ

IRIS4年目のYU-KIです!
今シーズンもIRISとして活動させていただきます。
チームはもちろん皆さんを元気づけられるチアリーダーでありたいと思っています。
熱い応援をよろしくお願いします!GO!THUNDERS!

NANAMI

NAGISA

CHIKA

KANA

MAANA

MANA

NANA

NAO

NATSU

RYO

YUI

YU-KI

roarロウル

  • twitter

種族:雷獣?
性別:♂(man)
年齢:不明(人間でいうと8歳くらい?と思われる)
誕生日:不明(地球に落ちてきた日は7/1)
チャームポイント:イナズマ型の肉球

お空から川崎に落ちてきてしまった雷獣の子ども。
一匹さびしくウロウロしていると、楽しそうに球をついたり、丸い輪っかに球を入れて遊んでいる人間たちに遭遇する。その球が自らの丸まったときの形に似ており、その遊びに一気に引き込まれ川崎に住み着くようになった・・・らしい。
謎が多い「ロウル」ですが、バスケットが大好きな子です。
名前の由来は、「カミナリがゴロゴロ鳴る」という意味を持つ英単語から命名。

高森 てつ


アリーナMC

村島 未悠

アシスタントMC/
サポートクリエイター

セク山


アリーナDJ

MANNERS &
HOW TO ENJOY

INFECTION
CONTROL FOR
COVID-19

川崎ブレイブサンダースでは、アリーナにおける新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、様々な対策を実施しています。
お客様にはご不便とご面倒をおかけしますが、下記対策内容をご一読いただき、安心・安全な試合運営にご協力をお願いします。

※今後の状況の変化によっては内容が変更になる場合があります。
※昨年までと異なる対応となっていることが数多くあります。

SNS

  • Facebook
  • TikTok