MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU

NEWS

HOME > ニュース > 2021-22シーズン ホームゲームでの感染症対策への取り組みについて

【10/1更新】2021-22シーズン ホームゲームでの感染症対策への取り組みについて

更新情報

【10/1更新】 ・「飲食の販売について」を更新しました

川崎ブレイブサンダースでは、試合開催に関わる全てのステークホルダーの皆さまの健康と安全を確保することを最優先に、以下の様な新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応を取りながらホームゲームを運営してまいります。

2021-22SEASONにおいても「入場制限付き開催(50%)※上限5000人にて公式試合を開催する」というB.LEAGUEの決定、および「B.LEAGUE新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に準拠した対策を講じた上でホームゲームを開催してまいります。
また、ホームゲーム開催にあたっては、入場者数の制限によるキャパシティコントロール以外にも、換気対策の強化、定期的なアリーナ内の拭き上げ消毒、ソーシャルディスタンス確保、スタッフの健康管理等、みなさまの健康、安全を守るための様々な対策を全力で取り組んでまいります。

また、ご来場いただくお客様につきましても、マスク着用でのご来場をはじめ、入場時の検温や一部の応援規制などにご理解いただいた上で観戦いただく形となります。ご不便な思いや、普段との違いによる戸惑いなど感じる部分もあるかと思いますが、観戦される皆様が気持ちよく安全にご観戦いただけるように努めてまいりますので、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
「B.LEAGUE新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」についてはこちら

ホームゲーム運営について

入場時の検温とマスク着用確認

・ご入場の際には全てのお客様、関係者に検温を実施させていただきます。検温がお済の方には「検温済証明シール」が発行されますので、無くさずににお持ちください。
・検温の際に37.5℃以上を検知した場合には、改めて体温測定をさせていただき、37.5℃以上の場合はご入場をお断りいたします。
・入場時、入場後もマスクの着用確認を徹底して実施いたします。
※ワクチンの接種が完了しているお客様、関係者もマスクは着用いただくようにお願いいたします。
※2歳未満のお子様には厚生労働省の示す通りマスク着用を求めないこととします。

消毒作業の強化

・使用前、使用後アリーナ内の徹底した消毒作業を行います。
・開場後も皆様が高頻度で接触される箇所を中心に、30分間隔でスタッフによるアリーナ内の拭き上げ消毒を実施いたします(扉、手摺り、トイレ、ガチャの取っ手など)
・アリーナの入口以外にもフロア入口、トイレ、各ブース等、各所に手指消毒液を設置いたします。
・会場内トイレにハンドソープを設置いたします。アルコール消毒液がご使用になれない方も含め、みなさま手洗いの際にご利用ください。

換気対策の強化

・屋内競技であることを考慮し、会場内の換気を強化してまいります。アリーナの空調を稼動させ換気対策を行いますが、アリーナ最上部の天窓や、排煙窓など、開放できる窓については積極的に開放し、換気強化を図ります。
各Q終了時には各扉を開放しフロア内の換気強化を行います。また大型のサーキュレーターを稼動させ換気の強化を図ってまいります。
※扉の開放に関しては、競技として必要な室内温度を担保したうえで、上記以外のタイミングでも可能な限り開放し換気を強化してまいります。
・館内の換気については、CO2濃度計を用い、換気が正常におこなわれているかどうかを定期的に調査いたします。

開放する窓・扉は、お客様からは直接見えないバックヤードに設置されているものもございます。
上記の箇所を開放しておりますので、ご確認ください。

ソーシャルディスタンスの確保

・観戦中のソーシャルディスタンス確保のため、前後左右に1席ずつ間隔が空くように全席指定席にてチケット販売を実施いたします。
・会場内で密が生まれないような安全を最優先とした運営をおこないます。ソーシャルディスタンスが保てないイベント、ファンサービスにつきましては開催を見送らせていただきますのでご了承ください。
・各待機列は間をあけて整理いたします。足元には目印を設置し、スタッフによる待機列の整理を強化いたします。またハーフタイムなどは空いているトイレを積極的にご案内するなど、密を生まないように運営してまいります。

接客時の取り組み

・スタッフは不織布マスク着用して運営を行います。また選手に近いエリアのスタッフや、場外の検温前の来場者と対面する接客時においてはビニールシートの設置またはフェイスシールド、手袋等を着用し、接客させていただきます。
・お釣りをお渡しの際にはトレーを用いてお渡しいたします。
・キャッシュレス決済推進の取り組みを強化してまいります。
・スタッフ同士のソーシャルディスタンスも心掛けた接客を行います。

飲食の販売について

飲食の販売は実施いたしますが、アルコール飲料の販売は当面自粛いたします。合わせて、場内へのアルコール飲料のお持ち込み、飲酒した状態での来場は固くお断りさせていただきます。

入場時の手荷物検査にてアルコール飲料のお持ち込みが認められた場合には、入り口にて没収とさせていただくほか、飲酒した状態でのご来場が認められた場合は、入場をお断りさせていただく、またはご退場いただきます。

黙食の推進

アリーナ内の巡回を強化し、飲食時の黙食を推進してまいります。
飲食中にマスクを外し、会話をされている方にはスタッフがお声がけさせていただく場合がございます。

適正なスタッフ配置

皆さまの安全を確保するために、入場制限付き開催時においても、通常開催時と同程度のスタッフ数を配置し、密回避やソーシャルディスタンスの確保、場内の巡回を強化して運営してまいります。
また、実施予定のイベントにつきましても、ガイドラインの規定を遵守した上で行なってまいりますが、今後の状況によっては、中止(禁止)とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

ご来場される全てのお客様にガイドラインを遵守いただくように、場内の巡回を強化してまいります。
状況によってスタッフよりお客さまへお声がけの上、ご協力をお願いする場合がございます。万が一スタッフのご指示に従っていただけない場合、ご退場をお願いする可能性もございます。

アンケートによる改善活動の実施

ご来場いただいた方にアンケートを実施いたします。皆さまのご意見も頂戴しながら、安心にお過ごしいただける会場づくりに努めてまいります。

応援、イベント規制について

選手、スタッフ、お客様の安全を最優先とし飛沫・接触感染防止、密回避をすべく下記の規制をおこないます。

応援について

接触および飛沫感染防止の観点から、一部の応援行為を禁止とさせていただきます。

禁止する行為

・大きな声で歌を歌う、大きな声を出しての応援、指笛
・周囲の来場者へ向けて上記のような行動を煽る行為
・手持ちのアイテムを"振り回す"行為(マフラータオル、フラッグなど)
・他来場者など他人との握手、ハイタッチや肩組みなどの接触行為

許可する行為

・手持ちのアイテムを"掲げる"行為(マフラータオル、ハリセン、ボード、フラッグなど)
・手拍子
・拍手
・ハリセン(クラップ、掲げる)
・メガホン(叩く)

各種試合中のイベントについて

接触、密集を回避できない一部のイベントについて当面の間実施を見送ります。新型コロナウイルス感染症流行状況を見ながら実施判断をしてまいります。
※開催イベントにつきましては、各試合毎の開催情報をご確認ください。

サンダーススクエア

実施しないイベント

・ジャンピングロウル
・野外ステージ(IRISステージショー)
・野外ステージ(ロウル写真撮影会)

設置しない設備

・喫煙所

実施予定のイベント

・Touch Hoops

お問い合わせ

本件についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
※問い合わせ種別に「ホームゲームイベント」をお選びください。
※ご返信には数日いただくことがございます。

上に戻る