MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 10/27 B.LEAGUE 2018-19 第6節 GAME2 川崎 75-72 琉球

10/27 B.LEAGUE 2018-19 第6節 GAME2 川崎 75-72 琉球

ハイライト映像

ゲームレポート

この試合、0藤井と22ファジーカスをスタートに起用した川崎は、21マクリンのゴール下で先制すると、パス連携から22ファジーカスがフィニッシュし、6-2と先行。琉球33ブラウン・51古川の連続3Pシュートに対しても14辻が決め返し流れを渡さない。ペイントエリアを攻め16-10とリードする川崎に対し、琉球はゾーンディフェンスを敷くと、川崎の攻撃が停滞。シュートミスやターンオーバーから琉球に得点され、残り1:33で18-16と迫られる。川崎はタイムアウトを取ると、31エドワーズのゴール下、14辻の3Pシュートで再度引き離し、23-16で第1Q終了。
第2Q、琉球はボールマンに対し厳しいボールチェクを仕掛けると、ファストブレイクから連続得点をあげる。川崎も21マクリンのインサイドや0藤井のバスケットカウントなどで譲らず、残り4:50、32-28でオフィシャルタイムアウトへ。タイムアウト明け、琉球40スコットのリバウンドショット、12エアーズの3Pシュートで32-33と逆転を許す。川崎も33長谷川の3Pシュート、14辻のスティールから31エドワーズのダンクで残り2:14には37-33と再び突き放すが、ここから琉球のアウトサイドシュートが連続で決まり残り2分で11失点。39-44の琉球5点リードで試合を折り返す。
第3Q、追う川崎は22ファジーカスがこのクォーターだけで12得点と活躍。さらにチームディフェンスも機能し琉球を6分以上にわたり無得点に抑える。さらに勢いに乗る川崎は21マクリンのジャンプショット、7篠山の3Pシュートも決まり63-53と逆転し突き放す。10点リードで最終クォーターへ。
第4Q、追いかける琉球はホームの大歓声を背にゴールを攻め立て、12エアーズのバスケットカウントが決まり、残り7:17でスコアは60-65。川崎はタイムアウトを取り、ディフェンスをゾーンに変えるも、琉球の勢いは止まらない。51古川の3Pシュートや3並里の1on1で、残り4:45、67-67の同点に追いつかれオフィシャルタイムアウト。お互いの執念がぶつかり合う終盤で、抜け出しのは川崎。22ファジーカスの連続ゴールと14辻のアシストから31エドワーズがゴール下を決め、残り2:04で73-69。最後まで厳しく仕掛ける琉球に対し、0藤井がしっかりボールをキープし、75-72でタイムアップ。
ここ数試合見せることができなかった、気持ちを全面に出す川崎らしいバスケで会心の勝利 をあげ、連敗を4で止めた。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「ニックがコンスタントに点を取ってくれました」

「なんとか連敗を止めることができました。選手たちが連敗脱出に向けて序盤から強い気持ちを持って臨み、良いゲームスタートを切れたことが勝利につながったと思います。
ニックをスタメンに起用し、彼がコンスタントに点を取ってくれました。他の選手たちも思い切りの良いシュートで続き、久しぶりに3ポイントの成功率が38%と、外からも攻めることができました。
これで、ゲーム間隔がすこし開くので、しっかり練習して、もっと良いチームに仕上げていきたいです。」

22ニック・ファジーカス
「手術をする前の状態に近いパフォーマンスができた」

「(スタメンに戻ったことは)嬉しいし、(スタメンは)居心地が良いですね笑。ただそのことより、今日はオフに手術をする前の状態に近いパフォーマンスができたことのほうが嬉しいです。やっと勝って連敗を脱出できたので、この勢いで勝っていきたいです。」
photo ©️B.LEAGUE

0 藤井祐眞
「もっとチームは強くなれる」

「今日はスタメンでの出場となりましたが、昨日の試合ではチームの出足が重かったため、そこに気を付けながら試合に臨みました。今日はシュートが入ったこともあり、いい形のオフェンスにできたことでディフェンス面も良いリズムで守れたと思います。次の試合でも、自分の力を発揮して、もっとディフェンスのプレッシャーを強くしたり、もっと走って相手ゴールに向けてプッシュしたりしたいです。今日勝ったことについては素直にうれしいです。でも、もっとチームは強くなれると思います。」

7 篠山竜青
「11月にはしっかり飛躍できるように」

「連敗を止めることができて良かったです。過密スケジュールで練習する時間も取れない中でも、選手たちは暗くならず、皆で話をしながら前向きにたくましく試合に臨んでいました。キャプテンとしてはとても心強かったです。苦しみぬいた10月は終わりました。しっかりと苦しんだ分、11月にはしっかり飛躍できるように、日々の練習を大切にして来月を迎えたいと思います。」
photo ©️B.LEAGUE

上に戻る