MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 11/7 B.LEAGUE 2018-19 第8節 川崎 87-78 富山

11/7 B.LEAGUE 2018-19 第8節 川崎 87-78 富山

ハイライト映像

ゲームレポート

中地区同率2位同士の対戦となった今節。 川崎は21マクリンのゴール下で先制すると、14辻・0藤井のアウトサイド、22ファジーカスのインサイドで得点をあげるが、ターンオーバーやディフェンスの連携ミスから富山に連続得点を許し、残り3:16には12-15とリードされる展開に。川崎はタイムアウトを取ると、交代で入った7篠山のゲームメイクから31エドワーズ・21マクリンが得点をあげ、23-17と再逆転して第1Q終了。
勢いを持続したい川崎だったが、第2Qに入りゾーンに切り替えた富山のディフェンスを攻めらめず、ターンオーバーを連発。残り7:37には、富山6船生の得点で23-23の同点に追いつかれてしまう。その後は僅差でリードチェンジを繰り返しながら試合が進み、36-39の3点ビハインドで勝負は後半へ。
第3Qに入ると川崎はトラップディフェンスで富山のオフェンスを封じボールを奪うと、速い展開から22ファジーカス・21マクリンが得点し逆転に成功。さらに14辻が3Pシュートやアシストから33長谷川の得点を演出しリードを広げる。再びゾーンディフェンスを敷く富山に対して、川崎は7篠山・22ファジーカスが外から3Pシュートを射抜き、68-53と点差を15点にまで広げて第3Qを終える。
第4Q、追う富山は0ライオンズにボールを集めインサイドから得点を重ねる。川崎もパスを回しながら21マクリン・22ファジーカスが得点するが、じりじりと点差を縮められていき、残り3:06、富山0ライオンズのダンクでスコアは78-72の6点差に。なおも前がかりにディフェンスを仕掛ける富山に対し、川崎は14辻がレイアップを沈めると、残り0:44に22ファジーカスが3Pシュートを沈め、87-78と再びリードを広げて勝負あり。アウェーで粘る富山を振り切り、連勝を4に伸ばした。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「内容的には良かった」

「非常にタフなスケジュールですけれど、内容的には良かったと思います。
ただ前半、ゾーンを沢山ひかれて、それに対して、慌てていると言いますか、戸惑っているところがあったので、いいシュートが打てず、いい判断ができていないところがありました。
ハーフタイムに「(相手が)こういうゾーンをやっている」と話をしたところ、そこからはいい判断をし、落ち着いてプレーができたと思います。
また土日に試合がありますので、いい準備をして臨みたいと思います。」
photo ©️B.LEAGUE

21バーノン・マクリン
「徐々にチームにフィットしている」

「まずチームの調子はとてもいいと思います。流れが相手チームにいっても全員、一丸となって、我慢強いプレーができています。特にニック(・ファジーカス)がいいリーダーシップを見せていますし、他の選手もそれについていけていると思います。
自分もまだ慣れていない部分はありますが徐々にチームにフィットしていると思います。全体的にいいプレーができていますが、オフェンスでもっとアグレッシブになれると思いますし、ディフェンスでもフィジカルなプレーができるはずですので、もっとレベルアップできるように頑張ります。
次節はアルバルク東京との試合になりますが、先月に対戦した時よりも今の方がチームの調子がいいですので、とにかくハードにプレーして、2連勝できるようにしたいです。」
photo ©️B.LEAGUE

7篠山竜青
「収穫もあった試合でした」

「ゾーンに苦しめられた時間帯もありましたし、その意味でオフェンスの課題は多く見つかりましたが、ディフェンスでいいプレッシャーからスティールを何本もできましたし、収穫もあった試合でした。
次は5試合ぶりのホームですが、アルバルク東京には前回、アウェーで2連敗しています。優勝を目指すチームとしてレギュラーシーズンで負け越すチームを作りたくないので、2連勝したいですし、とどろきアリーナでなかなかいい戦いを見せられず、ファミリーの皆さんにはもどかしい思いをさせているので、しっかり気持ちの入ったプレーを40分間するということをテーマにして戦いたいです。」

14辻直人
「まだまだ練習しないといけない」

「3Pシュートは決まるようになりましたが、今日はほとんどノーマークでした。
もちろん決められたことは良かったですが、動きの中で決められてこそだと思いますし、今日も苦しい体勢ではエアボールもしてしまいました。それがなくなれば完全に復調したといえると思いますので、まだまだ練習しないといけないです。
チームの連携もまだターンオーバーが多かったので、そこを減らせればよくなると思いますし、強い川崎をファンの皆さんに見せられると思います。」

上に戻る