MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 2/9 B.LEAGUE 2018-19 第24節 GAME1 川崎 83-81 三遠

2/9 B.LEAGUE 2018-19 第24節 GAME1 川崎 83-81 三遠

ハイライト映像

ゲームレポート

第1Q、三遠が5川嶋のジャンプショットで先制すると、73田渡の連続3Pシュートで2-8とリード。川崎も21マクリン・22ファジーカスのインサイドで2点差まで追い上げるが、三遠73田渡の3Pシュート、15鈴木のファストブレイクで再び点差を広げられる。川崎は0藤井・11増田を投入すると、再び21マクリン・22ファジーカスのインサイドで点差を縮め、20-21の1点ビハインドで第1Q終了。
第2Q、互いに相手にアジャストしたディフェンスで、守り合いの展開となる。三遠が1チルドレスの1on1で得点をあげるのに対し、川崎も23バンバが切り込んでフリースローから加点すると、0藤井のスティールから21マクリンがファストブレイクから得点し、30-28と逆転してオフィシャルタイムアウトへ。その後も33長谷川の3Pシュート、7篠山のバスケットカウントなどで川崎がリードを広げると、終盤ターンオーバーから三遠に得点を許すも、残り1秒で川崎4青木がハーフライン付近からロング3Pシュートを決め、44-39で試合を折り返す。
第3Qに入ると、試合は点の取り合いに。三遠45マクドナルド・1チルドレスがショットを決めれば、川崎もパスを回しながらショットが好調な22ファジーカスがフィニッシュ。一時は川崎がリードを9点まで広げるが、三遠の攻守の切り替えの早い攻撃で得点され、65-61で最終クォーターへ。
第4Q、三遠8太田のポストプレー、45マクドナルドのゴール下で残り8:15、65-65の同点に追いつかれたところで川崎がタイムアウト。川崎はゾーンディフェンスを仕掛けるが、三遠8太田がジャンプショットを決めて逆転を許す。さらに三遠は1チルドレス・45マクドナルドが得点してリードを広げていく。川崎は21マクリン・22ファジーカスの得点で離されずに食らいつくと、21マクリンのリバウンドショットで残り2:02、77-76と再度逆転に成功。そこからリードチェンジを繰り返しながら、三遠ペースで試合は終盤へ。迎えた残り20秒、79-81でファウルゲームを仕掛ける川崎に、三遠が2本ともフリースローをミス。リバウンドのボールを0藤井が7篠山につなぎ、ピック&ロールから3Pショットを沈めて、残り9秒で82-81と逆転。三遠の攻撃をしのぎきり、最後は33長谷川が冷静にフリースローを決めると、2本目をわざと外して83-81でタイムアップ。
7篠山がフィールドゴール6/15という状態の中、最後までシュートを狙いにいったことが最後に功を奏し、薄氷の勝利を呼び込んだ。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「ああいう勝負所でミスをしてしまっては」

結果的に勝利できたことは良かったと思いますが、勝負所でうちが何本かミスして、あの(三遠の)フリースロー4本が落ちなければ負けてるゲームなので、三遠さんのミスで勝ちが転がり込んできたという内容でした。ああいう勝負所でミスをしてしまっては勝てる確率は低くなってきますし、今までの負けもこういうところやリバウンド(を取られる)のところがキーポイントになっているので、そういうところでしっかりプレーすることが一番大事かなと思います。
日本代表の合宿もあったりで噛み合わないところもありましたけど、我慢して色々な選手を使いながら試合ができたと思います。明日、勝って連勝することが大事です。今日は、出だしのディフェンスがソフトだったので、明日は出だしからディフェンスをしっかりしていきたいと思います。

11増田啓介
「明日はもっとチーム一丸となって」

先週から試合に出させてもらってますが、自分はまだ一番若いですし全力で今日もできることを頑張りました。
(明日に向けて)今日こういう接戦になってしまったんですけど、明日はもっとチーム一丸となってもっと点差を開いて勝てるように、自分自身も良いところを出せるように頑張ります。

22ニック・ファジーカス
「今日は相手がフリースローを落としてくれましたが」

チームとして全体的に良いプレーはできませんでしたけど、最終的に勝てました。先ずは勝つことが一番大事なので、その意味では良かったです。
(明日に向けて)明日も絶対勝ちたい試合なので、チームとして良いプレーをして、今日と同じような展開にしないようにしなければいけません。今日は相手がフリースローを落としてくれましたが、明日も同じことが起こるわけではないので、明日はもっと良いプレーをしたいと思います。

7篠山竜青
「アタックできていたイメージがあった」

(逆転を決める3Pシュートだったが・・・)最後は、自分とニックでピック(アンドロール)して決めようと思っていて、ニックとマッチアップしているマクドナルド選手がずっとニックにくっついていて、自分のところには近づいてこないという傾向が見えていたのでしっかり良いスクリーンがかかって自分の前が空いたので、ここはスリーだと思って打ちました。
今日は、シュートがそれほど入っていなかったですが、しつこく(ゴールに)アタックできていたイメージがあって、最後は迷わずいけました。12月はシュートタッチがすごくよくて、その後1月はそんなに良いコンディションでてきなかったというのが正直なところですが、今週から少しずつ上がってきている感じがあるので、感覚的にはまた良い状態を取り戻せたと思います。

上に戻る