MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 2/10 B.LEAGUE 2018-19 第24節 GAME2 川崎 84-75 三遠

2/10 B.LEAGUE 2018-19 第24節 GAME2 川崎 84-75 三遠

ハイライト映像

ゲームレポート

薄氷の勝利を掴んだ前日から一夜明けてのGAME2。
第1Q、川崎は22ファジーカスのリバウンドショット・3Pシュートで先制するが、三遠1チルドレスの連続ゴールで逆転を許すと、立て続けにパスミスから三遠のファストブレイクで得点され、残り5:03には9-17とリードを広げられる。川崎はここでタイムアウトを取ると、22ファジーカス・21マクリンのインサイドでじわじわと追い上げ、20-23で第1Q終了。
第2Q、川崎はこのクォーター開始から投入された23ジュフがバスケットカウント、ゴール下でパスを受けてのダンクと活躍し逆転。23ジュフ投入によりディフェンスも活性化した川崎は三遠の得点ペースを落とすことに成功し、7篠山の3Pシュートなどで35-26とリードを広げる。三遠は8太田を投入しビッグラインナップを組むと、1チルドレス・8太田の得点で37-36と迫る。終了間際に7篠山がファストブレイクからのレイアップを決め、39-36で後半へ。
第3Q、川崎がアウトサイドシュートを連続で外す中、三遠が45マクドナルドのインサイド、5川嶋のバスケットカウントで39-40と逆転。ここから川崎は22ファジーカスのロブから21マクリンのアリウープ、22ファジーカスの3Pシュートなどで8-0のランで引き離すが、三遠も1チルドレス・15鈴木の3Pシュートなどで48-48と再び同点に。そこから川崎が青木の3Pシュートなどでわずかにリードし、57-54で最終クォーターへ。
第4Q、川崎が22ファジーカスのジャンプショットでリードを61-54とリードを広げる。三遠も1チルドレスのドライブや3Pシュートで点差を縮めてくるが、川崎は0藤井が3Pシュート・ドライブで決め返す。残り4分を切り、川崎は23ジュフのリバウンドショット、0藤井・7篠山の連続3Pシュートで一気に三遠を点差を引き離すと、さらに激しいディフェンスを仕掛けて0藤井がスティールからファストブレイクを決めるなど三遠を圧倒。そのまま付け入る隙を与えず、84-75でタイムアップ。
好調を続けてきた14辻がコンディション不良でエントリーを外れた中、0藤井・7篠山の2ガードが合計32得点をあげる活躍でチームにエナジーを注入し、勝負どころで強者の試合運びをみせた。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「"ボール"をディフェンスできていた」

連勝で終われたのが良かったです。 勝負所の戦い方について、いつもコーチから何度も言っているのですが、今日は選手同士でミーティングさせて、何を徹底するんだということを選手間で共有して、コート上で実行してくれました。あと、セットプレーもいくつかあるけれど、形にこだわりすぎずにプレーして、イージーなシュートを作ろうという話もしていて、そこは狙えていたかなと思います。
ディフェンスでは、昨日はレイアップで28点やられていたので、イージーなレイアップをさせないようにしようと話をしていて、昨日よりは"人"でなく"ボール"をディフェンスできていたかなと思いました。チームディフェンスで修正が必要な箇所はいくつか出てきているので、それはこの中断期間で改善できるようにしていきたいと思います。

4青木保憲
「要所でディフェンスで我慢をして相手を止めて連続得点できた」

今日の午前中に選手ミーティングをして、『ディフェンスを頑張ろう』『とにかくまずはディフェンスにフォーカスしよう』というチームとしての共通認識というのを、もう一度はっきりさせようと話しました。その中でうまくいかないところもあったんですけど勝負所だったり、要所でディフェンスで我慢をして相手を止めて連続得点できたことはチームとして良かったと思います。
(リーグ再開に向けて・・・)この2、3週間というのはリフレッシュするのもありますが、僕らリザーブメンバーはもう一段階も二段階もレベルアップしなければならない期間だと思うので、このバイウィーク期間といのを有効に使ってもっとより戦力にれるように後半戦も頑張っていきたいと思います。

22ニック・ファジーカス
「この調子を途切れさせないように」

昨日と今日あわせて61点とることができて、とても気持ちいいです。毎週のようにチームのスタッツを見ているのですが、チームとしてのシュート確率が非常に良くない数字でした。自分自身も手術以降良くなかった部分があって、ここ何週間かは長めのシュートをきちんと決めることができるよう心掛けていました。少し以前の(良い時)の技術を使うように意識して少しずつ調子が上向きになってきたので、この調子を途切れさせないようにやっていきたいです。
(中東での代表戦が控えていますが、遠征対策として持ってきたいモノとかありますか?)
今のシュートタッチをこのまま持っていきたいです(笑)

22ジュフバンバ
「持ってる物を全部出せるように頑張りました」

自分が出たときには、リバウンドだったりしっかり走ることだったりが(チームとして)必要だと思ったので、そういう部分を出すようにしました。今日のゲームは連勝がかかっていたので、みんな100%(の力を)出さなければいけなかったし、自分も持ってる物を全部出せるように頑張りました。
(1ヶ月近く中断期間となりますが・・・)シーズンはまだまだ続くので、(チームとして)うまくいっていないところは練習で調整してシーズン中に克服していきたいと思います。自分個人としては川崎ブレイブサンダースはディフェンスのチームなので、自分ができないところを練習をたくさんして伸ばして、自分の得意なオフェンスも頑張っていきたいと思います。
これからもっともっと勝ちたいし、勝ちを増やして地区一位になりたいので、頑張っていきます。

上に戻る