MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 親子ふれあいスポーツ教室

親子ふれあいスポーツ教室

2019年2月11日(月・祝)、幸区の河原町体育館にて『親子ふれあいスポーツ教室』が行われました。
この教室は、バスケットボールを通じて親子でコミュニケーションを取り、楽しみながらスポーツに取り組むことを目的に、川崎市市民文化局市民スポーツ室と川崎ブレイブサンダースが共催の共催により、今回初めて開催されました。
川崎ブレイブサンダースからは、ユースのコーチを務める岩﨑コーチ・山内コーチをはじめ3名のコーチ陣が参加。会場には事前の申込みで集まった計85名の親子が集まりました。

教室は参加されるお子さまの年齢によって、4歳~小学1年生と小学2~6年生の2グループに分かれて、岩崎コーチと山内コーチが入れ替わりでクリニックを進行しました。

岩﨑コーチが担当したのは、ボールハンドリング、ディフェンス、キャッチ&シュートの3種類。
「キャッチ&シュートはバスケットボールをするうえでとても大切な技術の1つだから、みなさんもトップチームの選手、辻選手や谷口選手になったと思って取り組んでみましょう!」と声をかけ、シュートの高さ・方向付けのポイントについて主にアドバイスしました。親子で順番に転がしたボールをシュートするシュート対決のメニューでは、アドバイスのポイントをお父さん・お母さんが復習しながら子どもたちに声をかけたり、お父さん・お母さんがシュートを打つのをDFしてみたり、楽しみながら取り組んでいた様子が印象的でした。

パス、ドリブル、ランニングシュートを担当した山内コーチからは、「お父さん、お母さんと協力して楽しく取り組もう!元気に取り組もう!」とアドバイスがあり、親子でのドリブルメニューなどでは、お父さん・お母さんの手の動きを見ながら顔を上げてボールをついてみたり、お互いに協力しあう中でボールだけでなく会話のキャッチボールも生まれ、どの親子も積極的なコミュニケーションを行なっていました。

教室の最後は2面8か所に分かれ、親子でチームを組み、4対4形式での試合を行いました。
保護者の方も子どもたちも元気よく取り組みながら、習ったことを積極的に実践しようトライする様子がみられ、時間の中で徐々に上達していき、試合も盛り上がりました。大人顔負けの積極的なプレーをする子どもに拍手が起きたり、子ども達が驚くような、かっこいいプレーを親御さんが行う場面もあり、大いに盛り上がりました。

締めくくりに、コーチ陣から「今回のイベントをきっかけに、親子での交流のひとつとしてバスケットボールにもっと興味を持ってくれたらうれしいです。また会えるのを楽しみにしてます。」と伝えられ、イベントは終了しました。
帰り際には「楽しかった!」と話しながら帰る親子や、コーチに技術的な相談をしに来てくれる子ども達もいました。

短い時間のなかではありましたが「バスケットボールに触れる・楽しむ」ということを親子で体感してもらうことができたことと思います。
対応いただいた川崎市・幸区の皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございました。

上に戻る