MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 3/13 B.LEAGUE 2018-19 第27節 川崎 83-76 横浜

3/13 B.LEAGUE 2018-19 第27節 川崎 83-76 横浜

ハイライト映像

ゲームレポート

第1Q、川崎14辻が強気のドライブでファールを誘い、フリースローで先制。続けて7篠山の3Pシュートが決まると、川崎が徐々にリードを広げていく。 横浜はここで早目のタイムアウト。流れを変えたい横浜。33スティーブンソン、34コストナーの外国籍コンビがインサイドを支配し同点に追いつく。川崎も14辻の3Pシュートなどで再度流れを掴みかけるが、17-18の1点ビハインドで第1Qを終了。

第2Q、ペースを取り戻したい川崎は、好調14辻がキレのあるフットワークから2本目の3Pシュートを決めるが、横浜は早いリスタートからの得点で流れを掴ませてくれない。我慢の時間が続く川崎は、懸命なディフェンスで横浜の攻撃を凌ぐと、ジワジワ点差を詰め、残り4:52、ついに0藤井が3Pシュートを決め逆転に成功。その後も21マクリンの連続得点などで点差を広げ、37-29の8点リードで試合を折り返す。

第3Q、開始早々横浜が7橋本の連続3Pシュートで点差を詰める。川崎は14辻のパスから31エドワーズが豪快なダンクを決め流れを掴むかと思われたが、横浜は33スティーブンソンが高確率でシュートを決めると25竹田のスティールから抜け出し得点。50-47の3点差まで詰める。ここで川崎はたまらずタイムアウト。一進一退の攻防の中、川崎は一時逆転を許すが14辻や33長谷川の3Pシュートで再びリードを広げ60-54の川崎6点リードで4Qへ。

第4Q、川崎がトランジションのテンポを上げ、速攻でさらにリードを広げ始める。横浜はフリースローのミスなどで流れを掴めず、22ファジーカス、21マクリン、31エドワーズを同時起用。横浜はゾーンで流れを変えにかかるが、川崎は22ファジーカスを高い位置に配して攻撃の起点とし,22ファジーカスのアシストから31エドワーズのダンク、14辻のドライブで崩しイージーシュートを決めるなど、横浜に点差を縮めさせない。終盤、横浜の日本人エースの1川村のシュートで一時点差を縮められるが、川崎がリードを守りきり83-76でゲーム終了。

川崎はチーム全体で28のアシストを記録。チームオフェンスから高確率でシュートを決め、勝負所で試合を優位に進めた。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「徐々にコンビネーションが良くなってきている」

タフな週なんですけど、出だしから良いバスケットをしてくれたと思います。
失点が76点なので、前の試合に続き失点を75点以下に抑えることにフォーカスしてくれました。トランジションのところで気を付けていた中で、かなり走られたというところはありましたが、ハーフコートではまずまずのディフェンスもできました。オフェンスもゾーン(ディフェンス)に対してパスを回してノーマークをつくってシュートを決めてくれたので良かったかなと思います。
"オンザコート3"の時間帯が長かったですが、あまり("オンザコート3"の)練習ができていないので、前節に続いて長めに(3人を)出してどれくらいできるかを見たかったのもあります。徐々にコンビネーションが良くなってきているのが収穫です。
次節、新潟とは(中地区)1位と2位の対決なので、良い準備をして試合に臨みたいと思います。

14辻直人
「横浜に負けたくないっていう気持ちは強い」

今日の試合は前半はあまり活躍ができなかったんですけど、後半はいい場面でシュートも決められて結果的にはよかったなと思ってます。
神奈川ダービーは神奈川のバスケを盛り上げるって意味でも、この試合は負けたくないっていう気持ちは強いですし、首位を狙う立場でもあるのでそういう意味でも絶対に負けられない一戦でもありました。今は目の前の試合を一生懸命やるだけです。
もちろん中地区首位の新潟のことは意識してます。週末には新潟の2連戦があるので2連勝して、その後のホームでの直接対決に勝利して首位を取りたいです。

21バーノン・マクリン
「満足することなくステップアップしていかなければ」

7連勝で満足することなくオフェンスもディフェンスもステップアップしていかなければなりません。これからもステップアップできるように頑張ります。
シェーン(31エドワーズ)が戻ってきてビッグラインナップが組めるようになりました。これはうちにとって大きなアドバンテージだと思います。4Qではニック(22ファジーカス)とシェーンと同時に出る時間が長かったが、とにかく流れがよかったです。トランジションも速かったし、ニックにディフェンスが集中するときもシェーンがうまく動いてボールを受けてくれていました。
(今日はベンチスタートになったが)別に気にしていません。北HCがチームにとって一番いいと思う起用法のなかで自分の役割を果たしてプレーしていけたらと思っています。

上に戻る