MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 3/17 B.LEAGUE 2018-19 第28節 GAME2 川崎 81-72 新潟

3/17 B.LEAGUE 2018-19 第28節 GAME2 川崎 81-72 新潟

ハイライト映像

ゲームレポート

第1Q、昨日の雪辱を誓う川崎は、スタートから激しいディフェンスで新潟を開始2分半を得点無しに抑えると、22ファジーカス、14辻の得点で順調な立ち上がりを見せる。1Q残り3:48、16-7と川崎がリードしたところで、新潟がタイムアウトを取るが、その後も勢いが止まらない川崎は0藤井の2本の3Pシュートでリードを2桁まで広げる。0藤井はしつこいディフェンスでもチームを盛り上げ、24-12の12点差で第1Qを終える。

第2Q、1Qに沈黙気味だった新潟54ガードナーと34ハミルトンに3連続でオフェンスリバウンドから得点され、24-19と追い上げられたところで川崎がタイムアウト。新潟はなおも54ガードナーがパワープレーでシュートをねじ込んでくるが、川崎は33長谷川と0藤井の3連続3Pシュートで応戦すると、さらに14辻の連続3Pシュートなどで点差を縮めさせない。終了間際にも14辻が3Pシュートが決め、このクォーターの得点を同点とした川崎が49-37の12点リードで前半を終える。

第3Qの開始早々、川崎21マクリンのアタックに新潟54ガードナーがこの試合3つ目のファールを犯す。新潟は54ガードナーをベンチに下げることなく、攻撃の起点として攻め続けるが、川崎はこれをなんとか凌ぐと、22ファジーカスの連続得点で残り5:50には59-44と点差を15点まで広げる。新潟はゾーンディフェンスを敷くが、川崎はゾーンをうまく攻め、ミドルレンジから得点を重ねる。残り0:49、新潟54ガードナーが4つ目のファールを犯し、この試合初めてベンチに下がる。このチャンスを生かしたい川崎だったが、ミスが目立ち得点を伸ばせず68-54で最終クォーターへ。

第4Q、エースの54ガードナーを4ファウルでベンチに置く新潟だったが、ディフェンスの足がよく動き川崎のミスを誘発すると、11鵜澤の3Pシュート、さらに34ハミルトンのドライブが決まりこれがバスケットカウントに。勢いに乗る新潟はさらに11鵜澤・22上江田が3Pシュートを決め、残り5:56には71-66と点差は5点差に。フィールドゴールが決まらず苦しむ川崎だったが、オフィシャルタイムアウトを機にリズムを掴むと、パス回しから14辻が3Pシュートを決めて再び点差を2桁に戻す。。逆転を狙う新潟は4ファールの54ガードナーをコートに戻すが、残り1:17に5つ目のファウルを取られ退場。終了間際に新潟7五十嵐に3Pシュートを決められるも、81-72でタイムアップ。中地区首位と連戦を1勝1敗で終え、勝ち数の差を3に戻した。

川崎は0藤井の4本・14辻の5本成功をはじめとして、チーム全体でも13/24と50%を超える確率で3Pシュートを沈めたほか、リバウンド数でも新潟を上回った。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「選手たちが気持ちを前面に出して戦ってくれた」

まずは、アウェーで新潟に1勝をあげて帰ることができるのは良かったと思います。昨日の負けで、今日は選手たちが気持ちを前面に出して戦ってくれたと思います。
昨日の反省として、出だしでリードされて追い上げる展開になったせいか、慌ててプレーをしていることが映像で分かったので「正確にプレーできていなかった」というのを伝えて、ボールをうまく回してプレーしようと話しました。
3Pシュートが高確率で決まったのが今日の勝因だと思いますが、"3Pシュートが決まったら勝てる"というチームにはなりたくないので、シュートが入らなくてもディフェンスで粘って勝てるチームになっていきたいと思います。

7篠山竜青
「この勝利は本当に皆さんの声援のおかげ」

昨日負けてしまったので、今日は絶対に勝たなきゃいけない試合でしたし、とにかく1つ勝ててほっとしたという感じです。
(多くの川崎ファンが来場していたが)アウェーだとより助けられるというのがあるので、この勝利は本当に皆さんの声援のおかげです。ありがとうございました。

14辻直人
「新潟との残り3試合も絶対負けたくない」

昨日も気合いを入れて臨んだんですけど、今日は改めて気持ちを切り替えて臨みました。これだけやれるっていうのはチームとしてもわかったので、だからこそ昨日の試合が悔やまれます。新潟との残り3試合も絶対負けたくないです。もちろん他の試合も1試合も落とせないので頑張っていきます。

33長谷川技
「ボールを守ることだけを意識していました」

昨日は自分たちのオフェンス、ディフェンスが全くできていない状況で、それを今日はしっかり切り替えて、ボールを守る意識もありましたし、オフェンスもパスが上手く回っていいオフェンスができたと思います。
(今日に向けて話し合ったことは)もう一度自分たちのディフェンスをしようということでボールを守ることだけを意識していました。

上に戻る