MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 4/6 B.LEAGUE 2018-19 第33節 GAME2 川崎 74-88 富山

4/6 B.LEAGUE 2018-19 第33節 GAME2 川崎 74-88 富山

ハイライト映像

ゲームレポート

第1Q、富山ボールでゲームスタート。序盤はお互いに高確率でアウトサイドシュートを沈め、交互に得点を重ねながら試合が進んでいく。富山が34スミスのインサイドアタックに対しても、川崎14辻が3Pシュートを決め返し主導権を渡さない。川崎14辻はこのクォーターだけで11得点をあげる活躍をみせるが、終盤に富山は6船生が3Pシュートを決めると、川崎のラストオフェンスも6船生がスティールしレイアップから得点。19-23で第1Q終了。

第2Q、川崎はこのクォーター開始から投入された15谷口が3Pシュートを決めると、21マクリンもインサイドから得点し逆転。しかし富山も0ライオンズが決め返すと、ここから再びリードチェンジを繰り返す展開に。42-40で試合を折り返す。

第3Q、富山0ライオンズのゴール下で同点とされると、残り8:17にも0ライオンズにバスケットをカウントを決められ、45-47と逆転を許す。さらに川崎は22ファジーカスが立て続けにファウルを吹かれ、3ファウルでベンチに下がる苦しい展開。残り5:53、47-54とリードを広げられたところで川崎はタイムアウトを請求するが、シュートが決まらず得点を伸ばせない。逆に富山24大塚のフリースロー、9水戸の3Pシュートで50-61と点差を2桁に広げられてしまう。川崎は22ファジーカスをコートに戻し”オン3”体制とすると、31エドワーズ・22ファジーカスの得点でわずかに点差を詰め、57-66で最終クォーターへ。

第4Q、川崎が21マクリンのドライブ、22ファジーカス・0藤井のゴール下で63-68と点差を縮めるが、富山も34スミスのリバウンドショット、6船生の3Pシュートで引き離す。点差を縮められずに試合が進む中、川崎は22ファジーカス・33長谷川が4ファウルに。そして残り3:54、富山34スミスのシュートに対し、22ファジーカスが5つ目のファウルを犯しファウルアウト。川崎は0藤井・7篠山がアウトサイドからシュートを狙うも決まらず、逆に富山34スミスのフリースロー、24大塚の3Pシュートで残り1:30には70-84とリードを広げられ勝負あり。川崎は最後までゴールを狙い続けるも、74-88でタイムアップ。

後半徐々に点差を離され、苦しい展開の中で我慢を続けるも、ファウルトラブルにも見舞われ勝機を見出せないまま敗戦。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「今日は久々に自滅した試合だった」

負けられない試合でしたが、残念です。3月からほぼ負けなしでここまで来れていたのは、選手が頑張ってくれていたからですし、連勝も続いていたりとプレッシャーもあったと思いますが、今日もよく頑張ってくれました。
今日は久々に自滅した試合だったと思います。なかなか思うようなプレーにならなくて、相手やレフェリーにフラストレーションを溜めてしまって、ムキになってプレーしてしまっていたかなと思います。スミス選手には31点取られています。シュートを落とさせることはできていたと思うんですが、セカンドチャンスのところで抑えられなかったことが負けた原因だと思います。また、ファウルトラブルが前半からあり、苦しみながら粘ってはいたと思うんですが、終盤にニック(ファジーカス)がファウルアウトになってしまったので、(巻き返すのは)苦しかったと思います。
自力優勝はなくなってしまいましたが、新潟さんがどうなるかも分からないですし、可能性がある限りは狙っていきたいと思います。また水曜に試合がありますので、良い準備をして臨みたいと思います。

22ニック・ファジーカス
「リバウンドがなかなか取れなかった」

今日はリバウンドがなかなか取れなかったところが良くなかったと思います。特に、スミス選手に対してはダブルチームを準備して臨んだのですが、最終的には彼にオフェンスリバウンドを取られてしまい、得点を許すことにつながってしまいました。
自力での地区優勝についてはなくなってしまいましたが、地区1位の新潟との直接対決が2試合残っていて、まだ地区優勝の可能性はあるので、そこを目指して頑張りたいです。

31シェーン・エドワーズ
「うまくインサイドを起点に攻めてきて、止めることができなかった」

とてもタフな試合でした。ファウルトラブルに悩まされ、ニック(ファジーカス)も退場してしまう苦しい展開になってしまいました。富山さんはうまくインサイドを起点に攻めてきて、止めることができなかったです。逆に、向こうはうちにアジャストしてきて、うちはそれを上回ることができなかったです。
まだ中地区で優勝できる可能性は残っていますので、この敗戦で落ち込まず、次の試合に向けて準備をしていきたいです。

上に戻る