MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 4/19 B.LEAGUE 2018-19 第36節 GAME1 川崎 75-74 三河

4/19 B.LEAGUE 2018-19 第36節 GAME1 川崎 75-74 三河

ハイライト映像

ゲームレポート

B1リーグ戦最終節。チャンピオンシップ出場順位が確定している川崎と、残る一つの座をかけて負けられない三河との対戦。

第1Q、三河が5バッツのインサイドで先制すると、14金丸のジャンプショットや30岡田のスティールからの速攻などで先行する。川崎も22ファジーカスのミドルシュートや21マクリンのインサイドで点差を離されずついていくものの、アウトサイドのシュートが決まらず得点が伸びない。残り3分で三河14金丸・3ミークスの得点で14-22と離され、第1Q終了。

第2Q、川崎は21マクリンがインサイドで奮闘をみせるが、第1Qから続いてアウトサイドシュートが決まらずスコアを伸ばせない。それでもディフェンスで三河の得点ペースを落とすと、残り4:52、ここでようやく川崎0藤井がチーム1本目の3Pシュートを決め、21-30でオフィシャルタイムアウト。この一本で勢いを取り戻した川崎は、0藤井のジャンプショット、22ファジーカスのインサイドで追いあげると、残り0:55に0藤井の3Pシュートで同点に追いつく。その後互いに1ゴールずつあげ、32-32の同点で試合を折り返す。

第3Q、川崎が33長谷川の連続得点、ファストブレイクから7篠山のレイアップなどでわずかにリードして試合を進めるが、三河も30岡田・11熊谷の得点で譲らない。残り0:26、三河32桜木のゴール下ショットで三河がリードを奪うが、川崎も0藤井がフリースローで決め返し、54-54で最終クォーターへ。

第4Q、三河14金丸がエースの本領と言わんばかりに積極的なオフェンスで得点をあげ、三河がリードして試合を進める。残り4:00には63-70と点差を広げられるが、ここから川崎は7篠山の2本の3Pシュートで点差を縮めると、残り1:00、7篠山のジャンプショットで73-74の1点差に迫る。終盤、川崎は三河14金丸にボールを持たせずリバウンドを確実に保持すると、残り0:13に7篠山のジャンプショットで75-74と逆転。三河ラストオフェンスを何とかしのぎタイムアップ。

ショットが決まらず苦しい試合展開の中、0藤井がスコアリングでエナジーを吹き込み、4Q残り4分からは7篠山が10得点をあげる活躍で勝利を呼び込んだ。

チームスタッツ

得点、得点差の推移

チームスタッツ

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
「CSに向けて自分たちのバスケットをやりましょうと話をしました」

リーグの最終節ということで、順位は決まっていますが、チャンピオンシップに向けて自分たちのバスケットをやりましょうという話をしました。
最後の最後までわからないゲームでしたが、1点差ですけど、勝てたことは非常に嬉しいです。
明日もありますので、またエキサイティングなゲームをお見せしたいと思います。

0藤井祐眞
「チャンピオンシップを戦っているような気持ちでプレーしたい」

新潟に2連敗して、チームでミーティングをしました。チャンピオンシップに向けて気持ちを切り替えて、中地区優勝は逃したけどもう1度この三河戦からチャンピオンシップにつながる試合をしようと話をしたので、気持ちの部分でそれが出ていたと思います。
(早い時間帯から気持ちの出たプレーをしていたが)チームとして戦うということで、出だしから今自分が何をしたらチームのためになれるかというと、ああいう(激しい)プレーが僕のプレーですし、あのプレーでチームが勢いを持ってくれたらと思ってやった結果が今日みたいに最初からチームを助けられる形になったんじゃないかと思います。
明日もアウェーで、三河は絶対に勝たなきゃいけない試合だと思うんですけど、僕らもチャンピオンシップに向けて負けられないです。2連勝していい気持ちで臨みたいので、僕らは順位には関係ないんですけど、気持ちの面ではチャンピオンシップを戦っているような気持ちでプレーしたいと思います。
チャンピオンシップは栃木で、あのアウェーの中でやることになります。Bリーグ最初の年もファイナルで栃木とやって、ファイナルだったんですけどアウェーの中でやっていたようなイメージでした。(今回は)僕らが勝てるようにチーム一丸、川崎一丸となって戦いたいので、応援よろしくお願いします。

3林翔太郎
「しっかりディフェンスができた」

今日は金丸さんというすごい選手がいたので、止めるというか、少しでも苦しいシュートを打たせるのが僕の役目だと思いました。

ディフェンスから入ろうと試合前から思っていて、結果的にオフェンスでシュートを決められたのはよかったです。(オフェンスに関しては)空いたら打つと考えていたので、決められたのはよかったと思います。北さんも僕を使ったのはディフェンスで頑張ってもらいたいからだと思っています。しっかりディフェンスができたのはよかったです。
明日も出たら同じように(マッチアップする選手に)やられないように少しでも苦しいシュートを打たせるというのと、チャンピオンシップに向けてチームを勢いづけられるように頑張りたいです。

上に戻る