MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 5/22 川崎市長を表敬訪問しました

5/22 川崎市長を表敬訪問しました

2019年5月22日(水)、北卓也ヘッドコーチ、佐藤賢次アシスタントコーチ、#7篠山竜青選手、社長の元沢伸夫が、福田紀彦川崎市長を表敬訪問し、2018-19シーズン終了の報告を行いました。

福田市長からは「市民の意見を市政に反映させていく"市長への手紙"に、今年は『バスケットができるところを増やして欲しい』という内容の意見が多かったです。これは2、3年前にはなかったことで、川崎ブレイブサンダースの認知・人気が増している影響だと感じています。」と変化を語り、来シーズンも川崎を大いに盛り上げてもらいたいと激励のお言葉をいただきました。

篠山選手も「昨年こちらに訪問させてもらった時に『街で声をかけてもらえることが増えてきた』という話をさせてもらったのですが、今年に関しては声をかけられるのが当たり前になってきています。それくらい川崎ブレイブサンダースが川崎の街に根付いてきているのだなと感じています。」と実感を言葉にしました。

来シーズンからヘッドコーチを務める佐藤賢次アシスタントコーチは「このチームの伝統をしっかり守りつつ、新しいものを取りいれながら、リーグの大きなトロフィーを必ず川崎に持って帰りたい。」と、2019-20シーズンへの決意を表明し、挨拶を締めくくりました。

福田市長はじめ川崎市役所の皆さま、お忙しい中ありがとうございました。
川崎ブレイブサンダースは今以上に"川崎市民の誇り"となれるよう、来シーズンも邁進してまいります。

上に戻る