MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 9/7 プレシーズンゲーム 北海道 51-77 川崎

9/7 プレシーズンゲーム 北海道 51-77 川崎

試合後コメント

佐藤賢次ヘッドコーチ
「みんな同じぐらいのプレータイムで、いいところを出してくれました」

まずは良いディフェンスを40分間続けてできたので、それはすごくよかったです。
選手は少なかったですが、みんな同じぐらいのプレータイムで、いいところを出してくれました。#3林選手、#24大塚選手が地元の北海道で躍動してくれたのもとてもよかったです。
ただ今回の遠征は、リーグ戦のアウェーゲームを想定しているので、このいいバスケットを2日間続けてできるように、しっかりいい準備をしていいプレシーズンゲームになるよう頑張ります。

0藤井祐眞
「みんなで戦っていい試合ができた」

ガードが少なかったのでファウルに気をつけながらもハードに強度を落とさないことを意識してプレーしました。本当に今日はみんなで戦っていい試合ができたんじゃないかなと思います。これを明日につなげて明日も同じことができるように頑張ります。

24大塚裕土
「ヘッドコーチがやろうと言っていたことを最初から出せた」

メンバーが少なかったですが、ファウルを気にせず、ヘッドコーチがやろうと言っていたことを最初から出せたのですごく収穫になったと思います。
(チーム最多得点なことを受けて)結構タフな場面もありましたが、やりたいオフェンスの中で効果的に得点を決めることができてよかったです。

27熊谷尚也
「全員で40分間プレッシャーを与えられた」

チームコンセプトの一つのディフェンスのところで、相手を51点に抑えられたのはよかったと思います。
7人しか試合に出場できず、ファウルが多くなったシーンもありましたが、弱気にならずに全員で40分間プレッシャーを与えられた結果だと思います。
明日のゲーム、来週のアーリーカップ、そのあとの開幕戦、レギュラーシーズンでももっとチーム力・ディフェンス力ともに継続してやっていきたいと思っています。

上に戻る