MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 11/2 B.LEAGUE 2019-20 第7節 GAME1 (11/60) 川崎 68-73 島根

11/2 B.LEAGUE 2019-20 第7節 GAME1 (11/60) 川崎 68-73 島根

ダイジェスト映像

ゲームレポート

今シーズン、B2から昇格してきた島根との2年ぶりの対戦。

第1Q、7篠山のジャンプショットで川崎が先制。35ヒース・22ファジーカスの得点で序盤は川崎がリードするが、島根も5山下の3Pシュートを皮切りに、4カーター、41クウェリが得点し追いつくと、リードチェンジを繰り返しながら試合が進む。川崎は0藤井・14辻・33長谷川らベンチメンバーを次々入れ替えると、14辻の3Pシュート、0藤井のフリースローなどで得点を重ね、20-16で第1Q終了。

第2Q、川崎がデェフェンスのプレッシャーを強めて島根からボールを奪うと、ファストブレイクから21カルファニ・35ヒースが得点。残り5:35には21カルファニが2本連続でスティールからのファストブレイクで得点し、30-23と川崎がリードを広げる。ここから島根も18相馬・4カーターの3Pシュートなどで点差を縮めてくるが、終盤に川崎21カルファニが3Pシュートを沈め、37-31で試合を折り返す。

第3Q、川崎は島根のディフェンスを攻め込めず、タフショットやターンオーバーを連発。開始4分で2得点しかあげることができない。島根4カーターにダンクを決められ、残り6:06、39-38と1点差に詰められて川崎佐藤HCはタイムアウトを要求。タイムアウト明け、川崎は21カルファニが3Pシュートを沈めると、0藤井のドライブ、22ファジーカスのジャンプショットと続き、46-38と再び点差を広げる。ここで今度は島根がタイムアウトを取ると、41クウェリのインサイド、6北川の3Pシュートで加点。52-49の3点差で最終クォーターへ。

第4Q、得点を伸ばせない川崎に対し、島根が18相馬の得点で52-53と逆転。川崎も24大塚のジャンプショットでリードを奪い返すが、島根6北川がここでも2本の3Pシュートを沈め、島根のリードで試合は終盤へ。残り1:03、川崎0藤井がフリースロー2本を沈め65-68の1ポゼッションに迫るとフルコートディフェンスを仕掛ける。しかし島根5山下がドライブからレイアップを沈めると、41クウェリのフリースローで残り0:25には65-72と広げられ万事休す。最終スコア68-73でタイムアップ。

オフェンスでシュートが決まらず自分たちの時間を作れなかった川崎が、島根にBリーグで初の敗北を喫した。

チームスタッツ

スターティングメンバー

7 篠山竜青
22 ニック・ファジーカス
24大塚裕土
27熊谷尚也
35ジョーダン・ヒース

得点、得点差の推移

得点に関するスタッツ

試合後コメント

佐藤賢次ヘッドコーチ
「いいシュートは打てていたのですが決めきれませんでした」

73失点ということでいいディフェンスを続けられたと思いますが、オフェンスで3Pシュートの確率が低かったことと、最後、島根さんの激しいディフェンスにハーフコートで攻めあぐねてしまったのが敗因だと思います。
オープンになったシュートは思い切って打とうということで、最初の方はノーマークを作れていたと思いますし、いいシュートは打てていたのですが決めきれませんでした。もう一回自分たちのバスケットを全員で共有して、明日しっかり勝てるように準備したいと思います。
いま、うちは相手より早く準備をして早く走り出して先にいい形を作る、切り替えの早いバスケットを目指していますが、出だしのところで相手も対応してきて慌ててしまっていくつかターンオーバーが出てしまったので、修正しなければいけないと思います。

0藤井祐眞
「勝負所で相手にリードされて離されてしまった」

結果は負けてしまったのですが、地元に帰ってこういう場所で試合ができて個人的には楽しかったです。
4Qの勝負所で相手にリードされて離されてしまったので、明日は40分間きっちり集中して戦うことをもう一度意識してやりたいと思います。
(今季、副キャプテンにもなり好調を維持しているが)川崎の今シーズンのバスケットが走るスタイルなので、それにフィットできているのかなと思います。今年の外国籍選手は機動力のある2人なので、(チーム全体で)走って、速攻のイージーレイアップだったり、フリースローだったり、そういうところで得点がとれています。
今日は3Pシュートが入っていないんですけど、3Pシュートの確率を上げていけばもっといいスタッツが残せるので、確率よく決められるようにしていきたいです。

7篠山竜青
「1つ1つのプレーに重みが足りなかった」

前半はよかったと思いますが、後半ミスもありましたし、アウェーなので相手を勢いに乗せてしまうと爆発力が出ます。そういうところでもったいなかったと思います。
オフェンスは、1つ1つのプレーに重みが足りなかったと思います。12人全員で戦うチームプレーというのは、個々の責任があってなので、1人1人が1つ1つのプレー、ターンオーバーとか、パスとか、どういうセレクションでシュートを打ち切るかなど、そういう部分にもっと責任感を強く持ってやらないといけない。今日は軽いプレーが多かったと思います。ディフェンスも堅く守らなきゃいけないところがギャンブルになってしまったり、ボールに寄りすぎてオーバーヘルプになってしまったり、その辺が少し雑になってきているのかなというところはあります。
(明日に向けて)連敗するわけにはいかないので、気持ちも戦術的にも切り替えてアウェーでも1勝を獲って帰るということをみんなで話をしたいと思います。もう1回自分たちのやることや、チャレンジャーだという気持ちを持ってやろうと思います。

27熊谷尚也
「やりたいバスケットをできずに落としてしまった」

自分たちのミスというか、やりたいバスケットをできずに落としてしまった、もったいないゲームだったと思います。
(明日の修正点は)気持ちだと思います。数字(スタッツ)では3Pシュートの確率以外は上回っていると思います。アウトサイドは気持ちの問題でもあるので、気持ちを切り替えて、明日しっかりと40分間戦いたいと思います。

上に戻る