MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > 12/16 B.LEAGUE 2019-20 第12節 GAME1 (20/60) 川崎 90-82 三河

12/16 B.LEAGUE 2019-20 第12節 GAME1 (20/60) 川崎 90-82 三河

ダイジェスト映像

ゲームレポート

月・火曜の平日ナイター2連戦となる今節。アウェーで現在中地区5位に位置する三河とのGame1。

第1Q、27熊谷のジャンプショットで先制した川崎は、7篠山のレイアップ、14辻の3Pシュートと続き、開始1分あまりで7-2と先行するが、三河も54ガードナーがインサイドで連続得点をあげると、24加藤・14金丸の3Pシュートで残り4:38には14-15と逆転を許してしまう。川崎は35ヒースの3Pシュートですぐさま逆転すると、14辻・0藤井の3Pシュートなどで得点を積み上げていくが、ファウルから三河にフリースローを与えてしまい、27-22で第1Q終了。

第2Q、重量級のインサイドプレーヤーを中心にペイントエリアを固める三河に、川崎は思うように得点をあげることができない。三河にじりじりと追い上げられると、残り5:10には22シモンズのダンクで三河が逆転。さらにスティールから1川村のレイアップで34-37とされたところで前半のオフィシャルタイムアウト。川崎は7篠山をコートに戻すと、その7篠山のジャンプショットや24大塚の3Pシュートでリードを奪い返す。三河はタイムアウトを取るが、タイムアウト明けに仕掛けたのは川崎。フルコートのディフェンスを仕掛けてボールを奪うと、35ヒースがスティールからレイアップを成功、さらに14辻のスティールから35ヒースの3Pシュートで一気にリードを広げ、50-41で試合を折り返す。

第3Q、お互いにシュートが決まらず我慢の時間が続くが、川崎は14辻と22ファジーカスが立て続けに3Pシュートを沈め65-48と一気にリードを広げる。三河1川村の3Pシュート、54ガードナーのファストブレイクで連続得点されるも、佐藤HCはすぐさまタイムアウトを取ると、再び14辻・22ファジーカスの3Pシュートでリードを広げる。74-59の15点差で最終クォーターへ。

第4Q、シュートが決まらず得点が止まる川崎に対し、三河が22シモンズの連続得点、1川村の3Pシュートで残り6:12、77-67と10点差に迫られる。川崎はここでタイムアウトを取り、0藤井の3Pシュートで凍っていたスコアを動かすと、21カルファニ・27熊谷もそれに続く。終盤、三河のアウトサイドが連続で決まり、点差を縮められるもリードを守りきり90-82でタイムアップ。

アウトサイドシュートが決まらず得点が止まる時間がありながらも、13スティールとディフェンスから流れを作り、チームが連動したオフェンスを展開したことが良いシュートを生み出し、勝利へと繋がった。

チームスタッツ

スターティングメンバー

7 篠山竜青
14 辻直人
22 ニック・ファジーカス
27熊谷尚也
35ジョーダン・ヒース

得点、得点差の推移

得点に関するスタッツ

試合後コメント

佐藤賢次ヘッドコーチ
「三河さんはすごく力のあるチーム」

少し相手に流れを持って行かれるところはありましたけど、試合を通してハードなディフェンスを続けられたことが勝因だと思っています。誰が出ても変わらずハードにディフェンスしてくれました。
ただ、三河さんはすごく力のあるチームなのでちょっとでも油断するとスコアされてしまいます。そこから流れを持って行かれた反省点もあるので、明日しっかりそこを修正して行きたいと思います。
オフェンスに関しては、ちょっと外に打ちになってしまったところがあるので、しっかりペイントタッチしてからボールを動かすということをもう1回明日やりたいと思います。
ただ90点取れて、辻選手がたくさん3Pシュートを入れてくれたので、そこはすごくよかったと思います。

14辻直人
「オフェンスでチームの力になれたので、それが勝ちに繋がったことが本当に嬉しいです」

三河戦に向けて準備してきたディフェンスができてた部分が多かったですし、オフェンスでもシュートが入って、僕もオフェンスでチームの力になれたので、それが勝ちに繋がったことが本当に嬉しいです。
それでも、課題を佐藤HCから言われているので、それは修正して明日に臨みたいです。明日は今日以上のパフォーマンスで、チームを勝たせたいと思います。

27熊谷尚也
「練習中から常にターンオーバーは意識してやっていて、その結果減ってきている」

同じ地区の相手なので負けないようにチーム一丸となって戦おうと準備してきて、今日まず一つ勝てたので良かったです。
練習中から常にターンオーバーは意識してやっていて、その結果ターンオーバー減ってきているので、それはプラスに捉えていいんじゃないかと思います。
明日もタフなゲームになると思うのでチーム一丸となって、チームで勝ちにいきたいと思います。

33長谷川技
「課題が見つかるゲームだったんじゃないかと思います」

結果的には勝ちはしましたが、課題が見つかるゲームだったんじゃないかと思います。課題はビデオを見て振り返ります。
(明日の試合に向けて)いつも通り自分たちのやることをしっかりやって勝利につなげたいと思います。

35ジョーダン・ヒース
「明日もしっかり自分達のバスケットボールをしていきたい」

厳しい試合で、相手も最後まで諦めないで戦っていましたがアウェーで一勝できてよかったです。
ギャンブルせず堅実なディフェンスをしエナジーを出していけば勝てると思います。
明日もしっかり自分達のバスケットボールをしていきたいと思います。

上に戻る