MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > かわさきスポーツパートナー ボールゲームフェスタ

かわさきスポーツパートナー ボールゲームフェスタ

8月4日(土)に川崎市とどろきアリーナにて開催された「かわさきスポーツパートナー ボールゲームフェスタ」に川崎ブレイブサンダースから、#3林翔太郎 選手が参加してきました。

このイベントは毎年夏に開催され、市内を拠点として活動するトップチーム(川崎ブレイブサンダース、川崎フロンターレ、NECレッドロケッツ、富士通レッドウェーブ、富士通フロンティアーズ、東芝ブレイブアレウス)の選手と触れ合いながら、様々な球技や障害者スポーツ体験を行います。 当日は30度を超える陽気の中、参加者約135人がアリーナに集合。川崎ブレイブサンダースのシャツを来た子どもも多く見られました。

林選手は女子バスケットボールWリーグ「富士通レッドウェーブ」の高田選手、篠原選手、梶原選手と一緒に、バスケットボールコーナーを担当。林選手は若手ながら積極的にバスケットボールコーナーを引っ張り、持ち前の爽やかな笑顔を見せながら子どもたちの心を掴んでいました。

また、休憩時間にはパラスポーツを体験ができる時間も設けられ、今回参加した林選手も初めての競技用車いすに試乗して貴重な体験をすることが出来ました。車椅子体験中も笑顔を見せていましたが、体験後には「怖かったっす」と漏らしていました。

イベント最後のサイン会では、林選手の前に一番長い列ができ、最後までサインに応じていました。川崎ブレイブサンダースのグッズを身に着けた子どもも多く見られました。イベント後、林選手は「長時間で大変だったけど、楽しく参加する事ができました」と感想を述べていました。

主催いただいた川崎市スポーツ室の皆様をはじめ、運営スタッフのみなさま、そしてご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

上に戻る