MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
SCHEDULE

SCHEDULE

HOME > スケジュール > 天皇杯 > 3/12 第96回 天皇杯 ファイナルラウンド 準決勝 川崎 79-67 三河
 

3/12 第96回 天皇杯 ファイナルラウンド 準決勝 川崎 79-67 三河

ゲームレポート

天皇杯ファイナルラウンド準決勝。

1Q、開始から#35ヒースの2連続の3Pシュートで川崎が先制すると、さらに#0藤井のドライブ、3Pシュート、残り4:13にも#35ヒースが3Pシュートを沈め、14-6とリード。三河も#54ガードナー、#32シェーファーのポストプレーで得点をあげてくるが、川崎はパスをつないでコートを広く使いながら#34ヒースの4本目の3Pシュート、#34アギラールのゴール下で22-11とリードを2桁に乗せ1Q終了。

2Q、両チームアウトサイドのシュートが決まらず得点が伸びない。残り5:34、28-15の場面で川崎がタイムアウトを取ると、ここから川崎が猛チャージ。#14辻󠄀・#22ファジーカス・#35ヒースと続けて3Pシュートを沈め、37-21とリードを広げる。三河もタイムアウトを取り、#21ウィティングトン、31川村の得点で点差を縮めてくるが、残り2分をきってから、川崎は#35ヒース・#34アギラールがインサイドで得点を重ね、45-30で試合を折り返す。

3Q、川崎が#22ファジーカスの連続得点で開始1分で49-30とさらにリードを広げるが、ここから三河が#5コリンズワースの連続スティールで川崎の攻撃の芽を摘むと、#32シェーファー・#14金丸の3Pシュートにつなげて残り4:45には53-40と点差が縮まる。川崎 佐藤HCはここでタイムアウトを取って仕切り直すと、三河の得点ペースを抑えることに成功し、59-46で最終クォーターへ。

4Q、早いペースでシュートを放つ三河が連続得点をあげ、残り7:23には#3柏木のゴール下で65-55の10点差に。川崎は#35ヒースがこの日6本目の3Pシュートを決めるが、なおも三河の勢いは止まらず、#54ガードナーの連続得点、さらに#21ウィティングトンの3Pシュートで残り4:22には68-62と点差が縮まる。苦しい時間が続く川崎だったが、残り3:19に#0藤井が3Pシュートでファウルを受け、そこで得たフリースロー3本を全て決めると、直後のディフェンスでも#0藤井のパスカットから#34アギラールが得点につなげ、残り2:45には73-62とリードを2桁に戻す。三河はタイムアウトを取るが、さらに#0藤井がボールを奪い三河のリズムを崩すと、その後は川崎がパスを回しながら#34アギラールが得点。リードを保ち79-67でタイムアップ。

インサイドで圧倒的な得点力を持つ三河に対し、チームでパスを回しながらチャンスを作りアウトサイドから効果的に得点を重ねた川崎が勝利。悲願のタイトル獲得に向け、2年連続の決勝進出を果たした。

チームスタッツ

スターティングメンバー

#0 藤井祐眞、#14 辻󠄀直人、#22 ニック・ファジーカス、#33 長谷川技、#35 ジョーダン・ヒース

得点の推移

試合後コメント

佐藤賢次ヘッドコーチ
「最後は自分たちのディフェンスができて、勝ち切ることができました」

前半は自分たちのプランを遂行できたと思います。オフェンスに関しては相手が準備する前に全員で起点を作って、相手に打たされるのではなく自分たちで打っていくことでチャンスを作れました。後半では相手のハードディフェンスに対して受け身になってしまった部分がありましたが、最後は自分たちのディフェンスができて、勝ち切ることができました。

(明日に向けて)今まで積み重ねてきたことをとにかく全部出しきる、それしかないと思います。

0藤井祐眞
「出だしが勝負だと思っていた」

今日は出だしが勝負だと思っていたので、試合の頭から走って、ハードにディフェンスしてということを意識して試合に入りました。

(決勝進出について)先週の宇都宮さんとの試合では負けているので、その借りを返したいと思います。今シーズン戦った2戦ともロースコアで終わっているので今回も我慢の展開になると思いますが、どちらがより我慢して集中力を切らさないかがポイントになると思うので、明日しっかりと集中して戦いたいと思います。

7篠山竜青
「チームみんなで勝ち取った勝利だと思います」

チームみんなでやるべきことをやって、チームみんなで勝ち取った勝利だと思います。(ディフェンスのエナジーについて)最低限自分がやらなければならないことですし、自分に限らず全員でディフェンスできて、いい手応えをつかんでいます。

(明日の決勝について)みんなで去年の忘れ物を取り戻して、川崎に帰りたいと思います。

14辻直人
「ヒース選手がチームを勢いづけてくれました」

自分たちのやりたいことが試合の頭からできて、ヒース選手の調子が良くて、チームを勢いづけてくれました。終盤、ちょっとやるべきことができない時間があって、逆に三河さんのやりたいことをやられてしまって、そこで点差が詰まりましたが、もう一回ディフェンスからしっかりやろうと声をかけていました。

(明日に向けて)本当に僕にとっては特別な大会ですし、去年のこともあるので強い思いを持っています。優勝まであとひとつ、やり返す環境が整ったと思いますのですごく楽しみにしています。

35ジョーダン・ヒース
「シュートをしっかりと決めることができました」

今日は出だしからしっかり集中していこうということで、第1Qはシュートもしっかりと決めることができました。

去年は本当にあと一歩のところまで行って、けが人や病人が出るようなアクシデントが続きました。結果についても自分の中に苦い記憶となっています。明日はそれを払拭できるようにしっかり集中していきたいと思います。

(前回のリーグ戦での宇都宮との対戦について)前回はとても悔しい思いをしましたが、あの時と違いニック(・ファジーカス)選手が戻ってきているので、一味違う川崎を見せられると思います。明日は優勝したいと思います。

上に戻る