MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
SCHEDULE

SCHEDULE

HOME > スケジュール > 天皇杯 > 3/13 第96回 天皇杯 ファイナルラウンド 決勝 宇都宮 60-76 川崎
 

3/13 第96回 天皇杯 ファイナルラウンド 決勝 宇都宮 60-76 川崎

ゲームレポート

初優勝を目指す宇都宮と、昨年決勝まで進出しながら優勝を逃し、未だBリーグ開幕以降タイトルのない川崎による天皇杯決勝。

1Q、オープニングショットは宇都宮#9遠藤の3Pシュート。堅さがみられる川崎は序盤良い形でシュートに行けずリードを許すが、#35ヒースのバスケットカウントから徐々に思い切りの良さを取り戻すと、残り5:11には#0藤井の3Pシュートで8-7と逆転。その後はリードチェンジを繰り返しながら点差が離れず試合が進み、19-20で1Q終了。

2Q、お互いに持ち味とする激しいディフェンスを展開する中、川崎は宇都宮のお株を奪うような連続オフェンスリバウンドから#24大塚の3Pシュート、さらに#11増田のアシストから#34パブロのゴール下で24-20とリード。宇都宮も#5ピーク・#40スコットがインサイドでシュートをねじ込んでくるが、川崎は#7篠山・#11増田と連続の3Pシュートで譲らず。さらに#11増田を起点にオフェンスを展開し残り2:47には#35ヒースの3Pシュートで40-32とリードを広げる。宇都宮のタイムアウト後もディフェンスで得点を許さず、41-34で試合を折り返す。

3Q、開始からの3分間は宇都宮が#22ロシター、#40スコットの得点で点差を縮めてくるが、残り5:31川崎は#14辻󠄀の連続3Pシュートで、50-40とリードを2桁に乗せる。さらにスティールから#7篠山・#14辻󠄀が得点し、勢いに乗る川崎。劣勢の宇都宮も#13渡邉が2本の3Pシュートで食らいつき、58-48で最終クォーターへ。

4Q、お互いにシュートを決められずに試合が進み、ハードなディフェンスにエキサイトする場面も。残り5:34、宇都宮#7テーブスの3Pシュートで61-55となったところで川崎 佐藤HCはタイムアウトを請求。#22ファジーカスのアシストから#35ヒースのバスケットカウント、#0藤井のジャンプショットで再び点差を広げると、残り2:34には#22ファジーカスの3Pシュートが決まり、71-60と再びリードを2桁に広げる。ここで後半最後のタイムアウトを取り勝負を仕掛ける宇都宮に対し、川崎はディフェンスの強度を落とさずに試合を進め、残り0:39には#11増田が優勝を決定づける3Pシュートを成功。76-60でタイムアップ。

厳しいマークにあった#22ファジーカスと#35ヒースが11得点と苦しむ中、#11増田が13得点3アシストと得点を支えると、#0藤井・#7篠山・#14辻󠄀・#24大塚らベテランが試合の要所で得点をあげる活躍。ディフェンスとリバウンドで貢献した#33長谷川・#34アギラールと、出場した全員が持ち味を発揮しながら、ベストゲームを展開。 川崎にとってBリーグ開幕以降初めてのタイトル、7年ぶり4回目の天皇杯優勝を果たした。

チームスタッツ

スターティングメンバー

#0 藤井祐眞、#14 辻󠄀直人、#22 ニック・ファジーカス、#33 長谷川技、#35 ジョーダン・ヒース

得点の推移

試合後コメント

佐藤賢次ヘッドコーチ
「最高の相手と最高の試合が出来て本当に幸せに思っています」

まずは、大変な社会状況の中で、こういう素晴らしい会場でたくさんのお客様の中で試合が出来ていることに感謝していますし、最高の相手と最高の試合が出来て本当に幸せに思っています。大会運営のみなさん、川崎のみなさん、宇都宮のみなさんに感謝しています。

今シーズン始まってから一日一日課題を見つけて積み重ねてやってきたことをこのコートで全部出し切ろうということを話ていましたが、選手ひとりひとりがそれを本当に良くやってくれたと思います。チームの力、皆の力でチャンスを作って、それを決めきってくれました。

(HCとしての天皇杯優勝の感想は)最高です。サンダースファミリーの皆さん、今日は最高でした!ありがとうございました!そして、宇都宮ブレックスのファンの皆さん、最高でした。最高で最大のライバルだと思っているので、これからも一緒にバスケットボール界を盛り上げていきましょう!最後に、サンダースファミリーの皆さん、リーグ戦優勝を目指して頑張りましょう!

7篠山竜青
「忘れ物をしっかりと今日獲って川崎に帰れることが本当に嬉しいです」

やっと優勝に届いたなと。コートの中でも外でも、チームみんなの激しいプレーを見て自分も勢いをつけることができました。去年はこの天皇杯ですごく悔しい思いをしているので、その忘れ物をしっかりと今日獲って川崎に帰れることが本当に嬉しいです。

今日は挑戦者として40分間、賢次さんが言うフルスロットル、エナジー全開ということをしっかりと体現できた、そういう試合だったと思います。

(今後に向けて)まず、この決勝戦で宇都宮ブレックスさんという素晴らしいチームと戦うことができて幸せです。宇都宮さんは目指すべきプロクラブなので、これからも一緒にリーグ戦を盛り上げていけるように切磋琢磨していけたらと思います。宇都宮ブレックスファンの皆さんも今日は本当にありがとうございました。そして、ブレイブサンダースファミリーの皆さん、天皇杯前に”想い”とか”言霊”という話をさせていただきました。皆さんの”言霊”届きました!Bリーグ チャンピオンシップも優勝します。皆さんと一緒に優勝します。”言霊”大事にしていきましょう! ありがとう!!

11増田啓介
「本当に最高です」

まさか自分が天皇杯のヒーローインタビューに呼ばれるとは思っていなかったので、すごく動揺していますが(笑)、先輩方をはじめ、チーム一丸となって、そしてファミリーの皆さんの応援があって出来た優勝だと思うので、本当に最高ですし、応援ありがとうございました!

(昨日今日とのびのびとプレーをしていたようだが)先輩方はいつもどんどん恐れずにプレーしろと言ってくださっているので、今日もシュートを外してしまったりもしましたが、そこでマイナスになるのではなく常にアグレッシブにプレーができました。

(今後に向けて)まだまだリーグ戦もチャンピオンシップもあります。僕自身ももっともっとチームの力になれるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いします

35ジョーダン・ヒース
「今日の試合は最高でした!」

今日はエナジーを持ってプレーするということを目指していました。それをしっかりと遂行することで優勝できると皆で話していたので、優勝することができて良かったです。

ビッグラインナップは自分たちの最大の武器だと思っていて、身長が高い分、オフェンスリバウンドでアドバンテージを取ることをしっかり遂行することもできました。

今日の試合は最高でした!

上に戻る