MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
REPORT

REPORT

HOME > レポート > Inside BRAVE THUNDERS > 辻直人選手「スリーピース」オンライン交流会 レポート

辻直人選手「スリーピース」オンライン交流会 レポート

9月5日、辻直人選手が川崎市川崎区の「児童養護施設すまいる」の子どもたちとオンライン交流会を行いました。

今回のオンライン交流会は、辻選手が2019-20シーズンから実施している社会貢献活動「スリーピース バスケットボールを通じて、社会貢献を!」の一環として開催しました(「スリーピース」についてはこちら)。当日は、未就学児から高校生まで10名の子どもたちがZoom上で辻選手と対面。進行サポート役として、辻選手のお兄さん・辻大地さんも参加してくださいました。

交流会では、スリーポイントやハーフコートショットを何本決めることができるかクイズを実施し、正解者には辻選手から賞品がプレゼントされました。また質問タイムには「好きな色は?」「嫌いな食べ物は?」「バスケで40分間走れる体力をつけるにはどうしたらいい?」「なぜバスケをやろうと思った?」などたくさんの質問が飛び出し、辻選手が1つ1つに丁寧に回答していました。

最後に、辻選手がプレゼントした「スリーピース」のオリジナルタオルを持って、みんなで記念撮影。 そして、3日後に誕生日を迎える辻選手を、子どもたちがサプライズでお祝いしてくれました!これには辻選手もびっくり、そしてとても喜んでいました。

交流会の後、参加した子どもたちは興奮冷めやらず「辻選手と喋っちゃった!」「つじせんしゅ、あおすきっていってたね」「またあいたいね」などと話していたそうです。辻選手にとっても、とても楽しい時間となったようです。「児童養護施設すまいる」の皆さま、ありがとうございました。

辻選手による「スリーピース」の活動は、2020-21シーズンも継続してまいります。

上に戻る