MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI
BRAVE THUNDERS

MENU
TEAM

TEAM

HOME > チーム情報 > “EXCITING BASKET PARK”計画

試合開催日の本拠地「とどろきアリーナ」にバスケットボール中心とした様々な仕掛けを用意し、チームとファンが一体となって、日常では味わえない興奮と感動を共有できる空間をつくりだします。

ホームゲーム会場空間イメージ

2018-19シーズンの開幕時の計画は以下の通りです。

アリーナ内イメージ

イメージ

1. センターハングビジョン新設に伴う演出の強化
2. 音響、DJブース、ムービングライトをフル活用した音楽だけでも楽しめるライブ空間への転換
3. 様々な企画を盛り込んだグループシート、VIPシートの新設

サンダーススクエア イメージ

イメージ

1. 大型ビジョンによるライブビューイング
2. 豊富なステージイベント
3. 充実の飲食環境
4. 特設POP UP STOREの新設
5. バスケットコートの設置
※各設備の設置場所等はイメージ

実施プロジェクト

第1弾
篠山竜青選手がお子様にボールをプレゼント「MY FIRST BALL」

篠山竜青選手とともに、ホームゲームに来場したお子様にサインボールをプレゼントする「MY FIRST BALL」を開始します。
子どもたちが選手に憧れを、バスケットボールに夢を抱けるよう、思いを込めた直筆サイン入りの「篠山竜青スペシャルボール」を、ホームゲームごとに抽選で1名様にプレゼントいたします。
詳しくはこちら

第2弾
「スチャダラパー」プロデュースによるホームゲーム音楽演出決定

スチャダラパーのメンバーのうち、 ANI、SHINCOの2名は川崎市出身。Boseは大のバスケ好きとして知られています。
試合中のオフェンス/ディフェンス時の音楽をはじめ、試合開始前演出、選手入場時、勝利時などに使用する楽曲をスチャダラパーがプロデュースします。スチャダラパーとクラブが力を合わせ、来場者に川崎ならではのエキサイティングな観戦体験を提供します。
詳しくはこちら

上に戻る