MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>関東アーリーカップ 3位決定戦 川崎 79-71 栃木

関東アーリーカップ 3位決定戦 川崎 79-71 栃木

関東アーリーカップ
第3回戦(3位決定戦)
2017年9月3日(日)

川崎ブレイブサンダース 79-71 栃木ブレックス

2017-18シーズン チャンピオンシップファイナル以来となる栃木ブレックスとの対戦。序盤はお互いに点を取り合う互角の展開で、第1クォーターはシュート成功率も完全に一致という珍しい数字を記録(3P 25%, 2P 54.5%,フリースロー 100%)。第2クォーターに入ると栃木にランニングプレーから連続得点を許し、残り4分で38-27と2桁のビハインドを背負うも、ここから川崎が11-0のランで同点に追いつき、38-38で後半へ。

後半も一進一退の攻防が続く中、川崎は#11野本建吾が躍動。後半だけで13得点4リバウンドをあげる活躍をみせると、終盤追い上げる栃木#32ロシターのシュートを#00デービスがブロックするとそのままドリブルで駆け上がりシュート。これが決勝点となり、79-71で川崎が勝利。

新チームの公式戦初勝利をあげるとともに、関東アーリーカップ2017を3位で終えた。

野本は29分の出場で、15得点6リバウンド3アシストの活躍。他にも0藤井が16得点、00デービスが13得点、22ファジーカスが17得点と4人が2桁得点をあげた。


ゲームレポート

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る