MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>2017-18 B1リーグ戦 第8節 第14戦 川崎 85-86 栃木

2017-18 B1リーグ戦 第8節 第14戦 川崎 85-86 栃木

2017-18 B1リーグ戦
第8節 第14戦
2017年11月11日(土)

川崎ブレイブサンダース 85-86 栃木ブレックス

川崎は22ファジーカスの連続得点、0藤井のブザービーターで8点リードで第1Qを終える。オンザコート数で劣る第2Qでも勢いそのままに残り6分で最大17点のリードを奪うも、栃木0田臥に3連続得点を許すなど追い上げを許し、45-37の8点差で後半へ。
第3Qに入ると栃木10竹内にこのクォーターだけで7点を取られるなどインサイドを攻められるが、外国籍選手の得点を0に抑え、67-62とリードして終える。第4Q序盤に0藤井・15谷口のシュートで再びリードを広げるが、栃木#32ロシター・#0田臥にゴールを許し、残り56秒、栃木0田臥のゴールで83-83と試合を振り出しに戻される。川崎は0藤井のアシストから00デービスがゴール下シュートを沈め残り5秒で85-83とリードするが、タイムアウト後、栃木32ロシターが3Pシュートを沈め、残り1秒でついに逆転されてしまう。川崎は22ファジーカスがラストシュートを放つが決まらず、85-86でタイムアップ。
川崎は4人が2桁得点、控えの15谷口も8点をあげるなど、試合全体のスタッツでは互角に近い数字となったが、第4Qに4つのターンオーバーを犯し(栃木は2)、栃木に試合の流れを渡してしまったことが勝利を逃す要因となった。


ゲームレポート


スポナビライブ加入はこちら

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る