MENU

川崎ブレイブサンダース

KAWASAKI BRAVE THUNDERS

MENU
HOME>レポート>第93回 天皇杯 準決勝 川崎 68-87 三河

第93回 天皇杯 準決勝 川崎 68-87 三河

第93回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会
準決勝

2018年1月6日(土)
@さいたまスーパーアリーナ

川崎ブレイブサンダース 68-87 シーホース三河

フィールドゴールが8/34(24%)と、シュートがことごとく嫌われた前半。さらにファウルもかさみ三河にフリースローから12得点を献上する最悪の展開の中、20分我慢し続け21-38で前半を終える。
後半に入り、ようやく22ファジーカスらのシュートが入り出すも、三河インサイドを抑えられず3オルトン・32桜木にシュートを沈められて逆に点差を広げられると、第4ピリオドには三河に4連続で3Pシュートを決められ、残り7分半で73-43と30点差がつく。絶望的な状況の中、川崎は激しいディフェンスから0藤井がシュートを決めると、残り3分から14辻が怒涛の連続3Pシュートで14得点をあげ一時は16点差まで追い上げる。最後までアグレッシブに戦い抜いたが、大きく開いた点差を縮めるには至らず、68-87でタイムアップ。2年連続の決勝進出はならなかった。

第93回 天皇杯 準決勝 川崎 68-87 三河ボックススコア

試合後コメント

北卓也ヘッドコーチ
オン・ザ・コート2のときにうまくいかなかった

第93回 天皇杯 準決勝 川崎 68-87 三河「第2・第4ピリオドのオン・ザ・コート2のときにうまくいかなかったのが誤算だったと思います。
三河さんのディフェンスが素晴らしかったと思いますし、イージーシュートを落としたりして流れが途切れることがあると追いかける展開は難しいかなと思いました。 三河さんはインサイドが強いチームなので、外国籍選手同士のマッチアップのときにやられてしまったのは痛かったですし、1対1で勝負できるのではと思っていましたが、勝負ができなかったのが響いたと思います。
一発勝負の経験もできたので、いい準備して実行することが一番大事だと思います。」

#7 篠山竜青
まだまだ伸び代がある

第93回 天皇杯 準決勝 川崎 68-87 三河「さいたまスーパーアリーナで試合ということで、かなり遠方から来てくださった方もいたと思います。本当にたくさんのご声援ありがとうございました。
昨年末のリーグ戦からチームがすごく成長しているのを感じましたし、準々決勝の琉球戦でも、いい手応えをすごく感じていましたが、シーホース三河さんには、跳ね返されてしまったような感じになりました。まだまだ個人的にもチームとしても課題は多いですし反省しなければいけないこともたくさんありますが、その分まだまだ伸び代があるということも感じたゲームになりました。
後半戦、東地区でももっともっと順位を上げられるように、また練習していきますので、後半戦も応援よろしくお願いします。」

#14 辻直人
すべては前半だった

第93回 天皇杯 準決勝 川崎 68-87 三河「すべては前半だったと思います。
1つ目のタイトルを逃し悔しいですが、またシーズン始まるので必ずファイナルに進出しリベンジをしたいと思います。」

#22 ニック・ファジーカス
三河さんのほうがチームとしていいプレーをした

第93回 天皇杯 準決勝 川崎 68-87 三河「とてもタフな試合で、自分たちは出だしが悪く、三河さんのほうがチームとしていいプレーをしたと思います。
これで天皇杯は負けてしまったので、リーグ後半戦いいプレーができるよう頑張りたいと思います」

川崎ブレイブサンダース パートナー一覧

上に戻る